paper


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

On the Ages of Exoplanet Host Stars


Two Suns in The Sky: Stellar Multiplicity in Exoplanet Systems

  • Deepak Raghavan, Todd J. Henry, Brian D. Mason, John P. Subasavage, Wei-Chun Jao, Thom D. Beaulieu, Nigel C. Hambly
  • Astrophys.J. 646 (2006) 523-542
  • http://fr.arxiv.org/abs/astro-ph/0603836
  • 惑星を持つ恒星の伴星について調べ直した。
  • 調査した131の恒星のうち、少なくとも30が伴星を持っていた。三連星も3~5個あった。また、新たに2つの伴星と1つの不確定な伴星を発見した。

Catalog of Nearby Exoplanets

  • R. P. Butler, J. T. Wright, G. W. Marcy, D. A. Fischer, S. S. Vogt, C. G. Tinney, H. R. A. Jones, B. D. Carter, J. A. Johnson, C. McCarthy, and A. J. Penny
  • The Astrophysical Journal, 646:505–522, 2006 July 20
  • http://www.journals.uchicago.edu/doi/abs/10.1086/504701
  • 200pc以内に存在する172の太陽系外惑星のカタログ。

Prospects for Extrasolar "Earths" in Habitable Zones

  • B.W. Jones, D.R. Underwood, P.N. Sleep
  • Astrophys.J. 622 (2005) 1091-1101
  • http://fr.arxiv.org/abs/astro-ph/0503178
  • 2003年11月までに102の系外惑星系が発見されているが、仮にこれらの惑星系のハビタブルゾーンに地球型惑星が存在するとしたら、その軌道は安定なのだろうか。
  • およそ半分の惑星系で、少なくとも10億年安定だった。

The Search for other Earths: limits on the giant planet orbits that allow habitable terrestrial planets to form

  • Sean N. Raymond
  • Astrophys.J. 643 (2006) L131-L134
  • http://arxiv.org/abs/astro-ph/0605136
  • 巨大ガス惑星は地球型惑星より早く形成される。形成されたガス惑星は地球型惑星の形成に大きな影響を及ぼす。ガス惑星の位置によって、地球のような環境の惑星の形成はどのように制約されるのだろうか。
  • 重力多体シミュレーション。月~火星サイズの天体を460個配置し、巨大ガス惑星の軌道半径や軌道離心率などの条件を変えながらシミュレーションを行う。
  • ガス惑星の軌道半径が2.5AUより小さいと、ハビタブルゾーン内に形成される惑星の質量が小さ過ぎる(地球の0.3倍以下)。3.5AUより小さいと、水が少なすぎる。離心率が大きい場合、質量が小さくなり、水も少なくなる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。