ウォルフ359


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォルフ359
  • 太陽より小さい赤色矮星
  • 太陽系から10光年以内には10個の恒星が存在するが、その中では最も暗い恒星がウォルフ359である。
  • 赤色矮星の中には活発なフレア活動を示すものが多い。ウォルフ359もその一つで、フレア活動で顕著な明るさの変化を示すため閃光星という変光星に分類されている。
  • 最も近くにある恒星はロス128。ロス128もウォルフ359と同じように単一で存在する赤色矮星である。
  • 惑星の存在は知られていない。

名称 ウォルフ359
構成 単一星
星座 しし座
太陽からの距離 7.8光年
実視等級 13.54
絶対等級 16.65
スペクトル型 M5.8Ve
変光 くじら座UV星型
質量 太陽の0.092~0.13倍
半径 太陽の0.16~0.19倍
可視光での明るさ 太陽の5万2000分の1
全波長での明るさ 不明
表面温度 不明
年齢 100億歳以下
重元素比 不明
自転周期 不明

近隣の星


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。