連星系の惑星


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仮に連星系を構成する天体の周りを惑星が周回しているとする。この惑星はその惑星が回る恒星だけでなく、連星を構成する別の星からも重力を受けるため、軌道が不安定になる。しかし、次のような場合は、惑星は安定した軌道を保つことが出来る。
  • 恒星同士の距離が、惑星の軌道の半径と比べてはるかに大きいとき。この場合は、惑星が回っている星以外の恒星の引力が弱く、惑星は軌道を乱されにくくなる。
  • 恒星同士の距離が、惑星の軌道半径と比べてはるかに小さいとき。この場合、惑星は一つの星ではなく連星の周りを周回することになる。複数の天体が狭い空間にまとまることで一つの重力源と同じ働きをし、その周りを回る惑星の軌道は安定することになる。


要書き直し・・・
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。