STREET FIGHTER IV Wiki

リュウ 対ベガ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


対空

  • 基本的には横方向に強い垂直J強KやバックJ強K、見返りの大きい斜めJ中Pでの空対空がメイン。
  • 向こうのウルコンが溜まった時は空対空だけだと危険。しゃがみ強Pや弱昇竜拳による地上対空も。
    • 弱昇竜拳はデビルリバースでかわさても反撃されづらく、ベガのジャンプ軌道との関係もあり対空ヒットからの滅・波動拳による追撃が狙いやすくお勧め。
    • 対空技の判断に困ったらとりあえずセービングしてUCゲージを溜めるのも手。

地上戦

  • 相手の溜めの有無を確認しつつ波動拳で牽制。溜めが完了してる相手に打つとヘッドプレスや各種EX技で抜けられてしまうので注意。かといって全く打たないと地上戦を制圧されてしまう。
    • 波動拳の出掛かりをベガの立ち中Kなどで潰される場合はバックステップなどで間合いをとること。
    • 波動拳は見てから飛び込まれてもベガのジャンプ攻撃はガード(もしくは対空技)が間に合うことが多いので強気に。

ダブルニープレス対策

  • こちらのしゃがみ中Kをかわしつつヒットさせられる場合が多いので潰す目的ならしゃがみ中Pや波動拳で。ただし波動拳はEXダブルニープレスで抜けられる。
  • 単発のダブルニープレスを読んだらリターン重視で垂直orバックジャンプでの回避もあり。かわした後はジャンプ攻撃から連続技を叩き込める。
  • 通常技~ダブルニープレスの連携は連続ガードになっていない場合が多い。昇竜拳での割り込みのチャンス。こちらの各種ゲージが溜まっている状況なら見返りが大きい。
    • 弱ダブルニープレスガード後は五分。ベガが最速でしゃがみ弱K(発生3F)に連携してくるとジャンプ(移行に4F)で回避できない上に投げ間合い外であることが多い点に注意。

ヘッドプレス対策

  • ヘッドプレスは前後移動で回避可能。
  • ヘッドガード後→デビリバ しゃがみ中K→真空竜巻 or セービング→6大P→大昇竜

その他

  • こちらから飛び込む場合はベガの遠距離立ち強Kが当たりにくいようなるべく近づいてから。溜めを解除する意味も込めて理想はめくりで。正面からになる場合はEXサイコクラッシャー対策に空ジャンプも混ぜたい。
  • ベガワープには一点読みの竜巻旋風脚や真空波動拳もあり。

基本戦術

ガンガン飛び込み、ひたすらまとわりついて攻め殺すといった感じで。
波動拳はEXニーで抜けられるんだけど、近距離でEXニーを上手く誘えたら、ガード後に屈中K→EX竜巻が入る。

遠距離

ベガがしゃがんでたら波動は撃てないので、近づきつつ、時々垂直ジャンプとか。ヘッドプレスは見てバックダッシュ。

近距離

中P・中Kは負けるので、むしろ飛び込んだ方がいい。立大Kを振られ始めたら、大足で刈る。

中距離

ベガが立って中K振ってたら波動拳。座られたら一旦仕切りなおし。

その他

起き攻めで、めくりはEXサイコで逃げられることもあるけど、ゲージを消費させたと思えばいい。

デビルリバースは着地に下中Kを合わせることで一方的に打ち勝てる。
当てに来る場合はこれで対応してコンボ。
ゲージために遠くに落ちるのが読めた場合は灼熱でダウンを奪って距離をつめて波動重ね置き攻め。(EXニーに注意)

プレスか判断がつかない場合は下がりつつプレスすかし着地反撃を狙い、ベガの軌道が変わった際に瞬時に軌道を判断して上記の対応が取れればベスト。
これを意識していると足元がお留守になりがちなのでホバーキックにも同時に注意。

起き攻め

コアにすればEXサイコとUCは発生してからガード可能なのでおすすめ