STREET FIGHTER IV Wiki

ケン 対剛拳

解説

  • 剛波動拳打ち分けでの遠距離戦と高水準の火力、爆発力がウリ。
  • 地上技はクセは強いが必要な技が揃っており、ダッシュのスピードも速い。
  • 剛波動拳に焦らされずに自分のペースを守っていくのが重要。

立ち回り

遠距離戦

  • 相手の間合い。リュウを上回る回転力を持つ波動拳でガンガン押してくる。
  • 波動での消しは百鬼襲が刺さるのであまり行わず、セビや飛び越えで少しずつ詰めて行く。

中距離戦

まだまだ相手の距離であり、同時にお互い一番我慢が必要な間合い。
  • 弱(横)波動は出来る限りガードしないよう心がける。
    • 中波動(緩い角度の上)は当たると閃空剛掌波で追撃され、また端からのスタート。絶対に食らいたくない。
    • 波動、セビでの消しは閃空で食われるのでやり過ぎに注意。当たると端(ry
    • ジャスト以外の飛びはしゃがみ強P対空の餌食。こちらが飛んでから撃たれるようなタイミングでなければ飛びは通らない。
  • 有る程度の間合いまできたらセビで弱波動消し>前ダッシュ、タイミングを見計らって6中K、しゃがみ強Pに当たらない位置へ空ジャンプなどで接近する。
    • 慣れた相手は当身を狙ってくることも有るので注意する事。

近距離

  • ようやくこちらの間合い。今までの鬱憤を晴らすべく、中足、6中K、移動投げ、めくり等々で攻め立てよう。
    • 地上技の回転力はこちらに分があるので上手く攻められればそのまま封殺出来るが1フレ発生の当身も持っているので油断は出来ない。
    • 特に切り替えしの投げ、ウルコンスパコンは絶対に食らわないように。
      • 半端な重ねをして後ろ投げ等を食らうとこれまでの苦労が水の泡になる。
  • リベンジゲージやスパコンがたまっていなくても、 「J中Pカス当て>近強P>百鬼~」 のジャンプ・バクステで回避不能の択があり、予断を許さない。
    • 基本は昇竜。しかし失敗したり誘われたりして切り返せずにフルコンを貰うと、最悪ピヨリから昇天。
    • 体力に余裕があれば下段か投げ(豪砕)を貰っても安いので割り切る。


要注意技

剛波動拳

  • 接近するまではこれが非常に厄介。
    • 下手に相手をしようとすると閃空や百鬼でやられるので頑張ってかわして行く。

投げ

  • 前投げは吹き飛ばされて遠距離から再スタート、
  • 後投げは真昇竜で死亡フラグが立ったりとどちらも洒落にならない展開になる。
  • どちらも閃空EXSAダッシュから強引に狙ってくる場合もあるので警戒する。

中段(鎖骨砕き)

  • 普段まったく使ってこない分、ケズリきれない時の止めをこれに頼る事が多い。
    • 後一発でやられる状態で有利を取られたときに頭の片隅に入れておく。
    • ガード出来れば中足を刺せるのでこれを見切れるかどうかが勝敗を別ける事も多々ある。

総合

  • 相手のターンになる間合いの方が広く、我慢を強いられるが、その分掻い潜ってからの攻めに達成感があり中々面白いカード。
  • 飛び道具対処の勉強にならないこともない?