STREET FIGHTER IV Wiki

ダン 起き攻め


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダン 起き攻め

弱~強断空から

ヒットしたら、とりあえず1回前ステする。そのまま弱断空を出すと、ダウン回避に重ねることが出来る。前ステ後の微妙な調整で、重ね具合を変えよう。
相手の真上から被せる場合は投げスカリ、屈グラの小技などを潰せる。ガードされても攻めが継続するので問題なし。昇龍拳などを出されると相討ちになるので仕切り直し。
反対側へ抜けた場合、昇龍系は反対に出てスカるので、降り際を叩こう。
通常技もおおむね反対に出るので、裏から後方投げで投げる。
振り向きで小技を出されると食らうが、空中ヒットなので着地で読み合いになる。地上で食らった場合は小技から好きなコンボを貰ってください。
バイソンなどは横溜めが解除されているので最悪の事態は免れる。
ダウン回避してこなかった場合は、もう一度弱断空を出して上記の攻めをやるか、攻めのフリをして投げるか、小足重ねなどの、極めて一般的な地上起き攻めをやろう。

EX断空から

ヒットしたら即座に前ステで間合いを詰めよう。前ステの終了とダウン回避の起き上がりがほぼ同時なので、投げが良く決まる。
ダウン回避してこなかった場合、普通に弱断空を重ねるか、そのまま前ジャンプでめくろう。

前方投げから

あまりできることがない。とりあえず前ステ2回で攻めポジションには付ける。
起き上がってくるのとほぼ同時になるので、のんびり攻めるわけにはいかない。
投げと読んだら強断空で投げスカリを蹴るか、小足EX断空か、ガードなどから選ぼう。もちろん相手がガードしてくると思ったら図々しく弱断空を出すか、更に前方投げで画面端へ運ぼう。
強気でいくなら、前ステ2回から晃龍or投げの択をかけよう。晃龍にはEXセビステを忘れずに。

後方投げから

めくる場合は、一瞬下がってからすぐ飛ぼう。下がり具合で幻惑可能。
めくりモロバレだけど打点の低い飛び(リバサには弱いけどガードされても中Pが安定)と、ちょうど頭上にかぶる微妙な飛び(リバサに強いけどガードされると読み合い開始)を使い分けよう。
画面端との位置関係や、相手キャラによってはまず1回弱断空で飛び越えてから、もう一度重ねに行こう。
  • バイソン、ルーファス、ザンギエフ、サガット、アベル、セス、本田のダウンは、頭側からは弱断空で飛び越えられないので注意
地上判定とはいえ速度は十分なので、バクステで相手のリバーサルをスカすのも十分有効だ。

疾走無頼拳から

画面端限定だが、あとちょっとで殺しきれなかったときはそのまま必勝を発動してみよう。
相手がウッカリしてれば起き上がりに重なって削りKOだ。なお最後のビルトアッパーは削り量が多いが、連続ガードにならないので頼らないこと。