STREET FIGHTER IV Wiki

ガイル 対ケン

ケン

中足がこちらの中足よりも長い上、判定も強くこちらの小足先端当て以外のほとんどの技を潰す。中足ヒットでソニックを抜けることも。
中足波動にはサマー相打ち>EXソニックかEXサマー(移動EXサマー)で割り込める。

(波動に対する対応)
波動vsソニでの打ち合いは、波動の方が回転率が良いため、垂直Jorセビorガードで対応する。前Jは極力しない。相手が前J読みで前Jしてきた場合、アッパーで対応できないことが多いため。
近・中距離で波動読みの場合のみ前Jから無双三段で黙らせる。
近距離で波動をソニで相殺した場合、裏拳が刺さることが多いが、しゃがみ時は裏拳避ける。中足から波動or強竜巻くらうため。ソニ相殺後、6中Kで攻めてくる場合、早出し裏拳or近距離時の早出しスタブで一方的に勝てる。また、中足は、限りなく中距離に近い、近距離からのスタブで中足の終わり際を当てることができる。リスク回避の観点からは、距離の離れたスタブがおすすめ。
中足波動多めの人で、体力勝ちしている場合には、中足ガード後EXサマソで相打ちねらう。中足波動は連ガにならないため、相打ちが狙える。
近・中距離からEXサマソを波動に合わせてEXサマソの無敵時間内であれば、一方的に勝てる。

(竜巻に対する対応)
ガイル慣れしているケンは、ケン側にもリスクがあるためほとんどやって来ないが、中にはソニ読みで竜巻を混ぜてくるケースがある。
ソニを完全に読まれている場合、竜巻がヒットし、その後起き攻めにもっていかれるため注意。竜巻がすかすことができた場合には、アッパー、サマソorUCで反撃。
また、中距離からめくり空中EX竜巻の攻め(立大K>強竜巻、UC、強昇竜>セビダ>UC)があるため注意。この場合、アッパーor(セビ)前ステで対応する。サマソで対応する場合には、距離を考える。めくりEX竜巻が頭上にあるタイミングでサマソをするとすかり、その後、大ダメージを食らうためサマソはリスク増。択から外すのが安全。UCorSCの場合、カスあたりになるが、リスク回避としては有効。

(昇竜に対する対応)
昇竜については、飛び込みor近距離以外は、ほとんど使われないためそれほどの対応は必要がない。
基本的な立ち回りとして、波動読んでの飛び以外(それでもリスクがないとは言い切れないので飛ばないのが一番リスク減)ガイルから飛び込むことはないので、考えられるケースとしては、飛びを通してしまった場合であるが、この場合には、ケンの昇竜を交えたラッシュが待っている。
まず、コアからの連携(コパ*2>強昇竜、立コパ>中足>強竜巻、屈強P>強竜巻等)orコアコパ*2ガード確認後の移動投げの2択である。
この場合、グラップを仕込んでひたすら耐える以外に他ないが、グラ狩りに注意。遅らせグラップで対応。
コアコパ*2くらいをガードすると、めくり中Kからコアコパとつないで何度も2択で攻めてくるケンが多いが、コアコパ*2ガード後のめくり中Kは、かぶせが不十分になるため、(セビ)前ダで逃げるのが安定。とにかく、ケンのラッシュは強力で一度転ばされると、何度も何度もしつこく攻めてくるため、逃げるのが安定。また、めくりのかぶせが甘い場合には、振り向きUCorSCで黙らせる、連ガにならない連携の場合には、サマソセビバクステで逃げるのが安全。

  • 反確
昇龍セビバクステ>移動EXサマー(猶予3フレ)
遠立強K・・・サマーソルトキック
屈強K・・・サマーソルトキック