STREET FIGHTER IV Wiki

ガイル 対ダルシム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダルシム

なまじな距離で戦うと、迎撃の的などになってペースを握られやすいので
一見不利そうだがダルシムの腕すら届かない超遠距離戦に分があり。
ヨガファイヤーを見てから、ソニックで打ち消し、相手を焦らす。
スキをみてヨガテレポートで背後などに回ってきた瞬間が勝負。
確実に出せる打撃で叩いてダメージを稼ぎ、間合いを離す。
テレポートに対する反応が遅れると、逆にダメージを稼がれるので注意。
一気に倒そうとせず、タイムオーバーでの勝利くらいの覚悟でじっくり臨む気持ちが吉。
  • 小スラ
めくりに対する対空。対空というより避け技というべきか。
起き攻め以外でのめくりはあまり効果的とは言えない。
  • 4中P、4強K
超強力な対空。これがあるお陰でダルシム戦での跳びはほぼ通らない。
  • 各種牽制
長い。屈中Pや遠立強P、サマーで潰せるが、かえってダメージを貰うことが多い。
読みきった時、手詰まりの時以外は素直にガードして距離を離すのが吉。
  • J強P
昇りで出すと中段になるほど下に判定がある。また近めでソニックを出した場合には昇りで刺される。
サマーや空対空で対処しようとするとダルシムにあしらわれる印象が強い。
出されたジャンプの高度に応じて対策を変える必要がある。
昇りJ強Pは着地点が近めならサマーが入り、遠くてもEXソニックが間に合う(ことが多い)。なのでトドメ以外は無視してよい。
頂点付近でのJ強Pはこちらの屈強Pが強く、結構勝ちやすい。ワープでタイミングを変えられてももう一度屈強Pを出せば勝てることが多い。
着地際のJ強Pは、J強Pよりも裏周りワープが怖いので素直にガードする。
  • ヨガタワー
挑発ではない。
  • ヨガファイア
弾速が遅く、途中で消えてしまう飛び道具。撃たれたら素直にソニックで相殺。後だし推奨。
EXだと2ヒット技になる。ソニック2回撃って相殺できたりするが、遠強Pやワープがあるので控える。
  • ヨガワープ
裏周りでの崩し、対空技のすかし、J強Pのタイミングずらし、起き攻め拒否など非常に用途の多い技。
裏周りの空中ワープは慣れないと辛いが、慣れれば簡単に屈強Pで落ちる。
ヨガファイア後、ウルコン後、Jの着地際など、出されやすいシチュエーションでは常に警戒する。
  • ヨガインフェルノ
割り込みで使ってくることが多い。ダルシムにしてはかなり減る。
ゲージが100%あるダルシムには固めは控えた方がいい。
  • ウルコン
立ち回りでおもむろに出してくる場合はバックジャンプしていれば問題ない。
起き上がりに重ねられた場合、4弱P・昇りJ強Pとスラの二択がメイン。読むしかない。
裏周りワープから二択をしてくる場合もある(J強Pと着地下段)が、中・下段のタイミングが全然違うので問題ない。
なお、EXサマーで抜けることが出来るが大抵ガードされる。
  • 反確
(近め)バックジャンプ強P>(G)>EXソニック
  • 割り込み
近立強P以外>ヨガファイアーorヨガフレイム
サマーソルトキック