STREET FIGHTER IV Wiki

ガイル 対クリムゾン・ヴァイパー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリムゾン・ヴァイパー

ソニックがヴァイパーの弱サンダーナックルで抜けられるため注意。確反は無いがガード後はほぼ同時に動けるので出の早い小足などでリズムを作っていこう。
遠距離でソニックを撃っているとセイスモが飛んでくるためおすすめしない。中距離のガイルの牽制が届くくらいが対空もしやすい。対空はアッパーと空中投げがメインになる。
ソニックをバーニングキックで飛び越えられてもアッパーで落とすのが間に合ったりするので強気で振っていいかもしれない。
リズムを作ると上記したが、やはりソニックは控えめにした方が良い。牽制と対空だけでもヴァイパー側はきついので、へたに隙を晒さないようにしたい。
読まれると危険だが弱サンダーが届く位置で垂直ジャンプすると相手も迂闊にサンダーを出せなくなる。

~バーニングへの対応~
バーニングについては、通常のバーニングの他にハイジャンプキャンセルの慣性バーニングがある。
慣性バーニングの場合には、通常のバーニングよりもスピードが速いのですぐわかる。
2中Pがあたりそうな距離での慣性バーニングは、弱なら表、中・強なら裏当たりになるため注意。
また、J大K後の通常のバーニングは、弱なら表、中・強なら裏当たりになる。
慣性バーニングのみからの攻めはほとんどなく、連続セイスモで削り、セイスモがあたったところで、ハイジャンプキャンセルのバーニングで接近し、近・中距離からバーニング、慣性バーニングで攻めるのが一般的なヴァイパーの立ち回り。
慣性バーニングの場合には、大体裏当てが多く、通常のバーニングは100%表。(通常のバーニングでは裏当てができない。)
バーニングでのラッシュは、慣性バーニングが弱なら表、中・強なら裏の完全2択のため、読むのがほぼ無理であるが、通常のバーニングは表、慣性バーニングなら裏と割り切ってしまえば意外と対応できる。
~セイスモへの対応~
セイスモについても、バーニング同様、ハイジャンプキャンセルして連続セイスモが可能である。
セイスモが来た場合、連続セイスモの可能性が高いため、2連続でセイスモをガードした後に、ソニが安全。ジャンプでセイスモをすかすと当てられることが多いため、ジャンプは極力避ける。
削りダメが大きいが必要経費と考えて割り切る。
EXセイスモはヒット後、ハイジャンプキャンセルバーニング、ウルコンという形で狙ってくるので注意。

~サンダーへの対応~
サンダーについては、弱サンダーがソニを抜けするので、注意。また、アーマブレイク属性ありなので、その点も注意する必要がある。
サンダー単発で出してくるケースはあまりなく、小技連携(近中P>屈中Por屈中Px2or屈弱K>近弱K>屈中Por屈中K等)から中サンダーへつなぐケースが大半。
小技ヒット確認で中サンダーからバーニングの起き攻めへ、または、小技ガード確認でテンプルマッサージからバーニングの起き攻めへというのがヴァイパーの基本的な攻め。
これに対する対応であるが、小技連携ヒット時はどうしようもないためバーニングへの対応の欄参照。ガード時は中パ仕込み屈グラでリスク減。


~その他~
①ガイルがしゃがみガードしていて多いのが、ヴァイパーエルボ(6中P)からテンプルマッサージ(4弱P+K)で起き攻めに慣性バーニングをもってくるケースである。
これに対しては、ヴァイパーエルボ後、立中P仕込みグラップor(セビ)バクステが安定。仮にテンプルマッサージをくらった場合には、慣性バーニングであれば裏ガードでリスク減。


  • 反確
屈中K>(G)>サマーソルトキック
EXサンダーナックル>(G)>サマーソルトキック
EXバーニングキック>(G)>サマーソルトキック
  • 割り込み
屈中K>サンダーナックル・・・サマーソルトキック