STREET FIGHTER IV Wiki

春麗 対ザンギエフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ザンギエフ



終始壁に追い込まれず、無理に攻めることなくタイムオーバーで勝つくらいの気持ちでやりたい相手。
1回も触れさせないで勝つか、1回触れられて負けてしまうかってとこだろうか。

対空

垂直J大K、逃げJ大K、遠中K、遠大P、元キック、溜めがあるならEXスピバ、余裕がなければバクステやセビバクステで逃げる。
安定対空がないのが困りもの。
ザンギの飛び込みは基本的に、遠ければJ大P、近ければJ中K。
J中Kが元キックで安定して落とせる距離だと思ったらJ大Pで腹を殴られたりする。
この辺の対空の読み合いがザンギ戦の肝。
J大PTC対空からEXスピバ>前ステ×2などで陣地が稼げれば、その後の立ち回りがずいぶん楽になるし、対空で相討ちばかり取られていればじり貧。
飛びを通されてしまえば言わずもがな。
ザンギに限らないが、落とすことよりも近寄られない事が大事かなと。
もしくは飛びを遠立ち大K、垂直J大Kなどで防止する方が良い結果が出る気がする。

起き攻め

前投げ→ステ3大Kは、リバサダブラリでは返せない。
ただ、ザンギ相手に前投げをする機会はほとんどないので基本起き攻めは気功重ねぐらいになる。
逃げ大JKを見せておいてコアコアもあるが逆2択が怖い。
ちなみに、逃げJ大Kはダブラリ、スクリューを潰すものの、ガードされるとEXバニが確定するので安定択ではない。

被起き攻め

できるだけこんな状況にはなりたくない。
空中からの起き攻めはEXスピバか、セビバクステで対処したい。
詐欺飛びや、すかし投げには注意。
地上起き攻めは、バクステ、EXスピバ暴れ、リバサ弱覇山。
リバサ弱覇山は、ごわす式(スクリュー後、弱バニ>立ち弱K>空キャンEXバニ)も空中ヒットで抜けられる。
これを見せておけば、ザンギ側はEXバニでのバクステ狩りや、EXスピバ暴れ読みでかつガード時も攻めが継続できる遅らせ小足などがやりづらくなる。
つまり、垂直ジャンプでの暴れ潰しや、小足をビタで重ねたりという択をせざるをえなくなるため、バクステやEXスピバ暴れがやりやすくなる。
なお、コマ投げ持ち相手に遅らせ屈グラなどは意味をなさないことは言うまでもない。

遠距離

恐らくダブラリでゲージ溜めしだすので、気功を盾にしつつ遠立ち大Kor金的が当たる距離まで詰める。
ゲージを溜められるとザンギ戦は苦しい。

中距離

遠立ち大Kが当たる距離を維持する。
向こうは立ち中P、屈小K、屈小P、立ち大K、飛び、EXバニが選択肢としてあるが、通常攻撃の差し合いではこちらに分がある。
ただし、屈小Kや屈小PにEXバニを仕込めるザンギには、遠大Kを乱用してはいけない。
バニがギリギリ当たらない位置で気功を撃ちながら飛びに意識を向けつつ遠中P、遠大K、大足などで牽制。
垂直J大Kを置いて飛びを抑制するのもあり。
着地にジャンプをかぶせようとしてくる相手にはもう一度垂直大Kを出して対空したい。
EXバニはガードさえすればウルコン確定。
どこかでステ投げや、ステ→覇山などを通しておけば後が楽になる。

近距離

基本近寄らない。
完全にザンギの間合いなので近づかれてしまったら露骨バクステや逃げっティアなどでなんとか距離を離そう。
EXバニでのバクステ狩りはこわいが、相手もリスクは大きい。
そのため、後ろの陣地は非常に重要。
ザンギ戦では、近距離になった時に必死で逃げるために、中距離戦でどれだけ下がらずに勝負できるかがカギになる。

小ネタ

ダブラリへの反撃はウルコンなし時は、金的コンボが安定。

被起き攻めでバクステを多用するとバニで刈られます。
なので起き攻めで強制2択に付き合わされるのが辛い。

※少し編集しました。