STREET FIGHTER IV Wiki

バイソン 対ブランカ

ブランカ

しゃがみ中Pを置きつつ反撃を受けない弱ダッストで削っていく。
ローリングはガードして弱ダッストで反撃。中距離での電撃には大足の先端、EXグラスマorグラストで。
大Kは出始めのフレームと継続フレームで攻撃&やられ判定変わるのね。出始めだとブラの大電撃を上から潰せる。
後電撃って小だと攻撃が4F毎、大だと1F毎に来るのよ。なので、『判定の外から潰してる』のか『攻撃フレームの合間に潰してる』
のかはきちんと意識しておかないと電撃だけでネタ殺しされる。それを踏まえてブラ戦。

  • ブラの飛びは屈大Pで落ちる。例外が有って、屈小Pがギリギリ届かない位まで前進されると屈大Pの裏に回られる。この辺りは立ち中Pで落ちる。
  • ブラのスラは殆どのダッシュを止める。ガード後は立ち状態になるので、近いなら屈小P>EXダッパが確定。遠い場合は大足。先端だけ当たった時は反確にならない位置が有るので技を振らない。(スカ狙いをされた事は無いけど。)
  • ブラの前ステは25F中空中判定が1~18F。下手に屈小P>DSを入れ込んでしまうとDSがスカって困るので、きっちり屈小Kも入れる。
  • ローリングにはDS確定。スカしの弱ロリは距離を覚えておく事。バソの潰しにカウンター狙いの弱ロリ>電撃という連携も有るので気をつける。
  • 電撃は屈中K先端、屈大K先端、J大K。結構難しく、相打ちや一方負けもあるので、自信がないなら手を出さない。因みに起き上がり密着だとウルコンスパコン以外全負けする。
  • ローリングはウルコンも確定。場所と出し方によるけど、KPPPってやると最初のKがスカって後のPPPが全段HIT。

  • バソの屈小Pがギリギリ届かない位置だと、
1)ステップが裏周りにつきぬける
2)相手のセビが届いてステップから攻防
3)飛びこみが裏周りして対空に困る
4)ブラの立ち小Pに色々負ける
とめんどくさい。一応下記も参考に、ゲージ状況で間合いを離すかぶっ放すか考える。

  • ブラが触る事目的でセビを貯めたらEXヘッド。突き抜けて裏に回ってしまえばブラは投げ位しか出来ないので、リスクリターンがあまり合わないとの事。
  • バチカは着地が屈状態になるので覚えておく。ヲレはめんどくさいんで空中に居る間に落としてる。
  • バクステロリの後無敵が切れる&攻撃判定が無い時間が5F程あるので、読みきってれば立ち大P重ねられる。
    • 飛んでしまうとめくりかなんだかよくわからんので、相手がリバサでない事を確認しつつセビで我慢しとくのが良いと思う。
  • 相手の前ステウルコンは遅らせセビで対抗。投げられても割り切る。ガード後は
    • J大K(なんかあやしいけど)
    • 屈中P→ヘッド
    • 生ウルコン
が確定するので、相手のネタの引き出しがどれくらい有るのかの探り合いみたいなものだとおもう。