STREET FIGHTER IV Wiki

元 対リュウ

■vsリュウ戦

3F昇龍拳があるので詐欺飛び、及び徨牙が通用せず辛いキャラ
だがそれを恐れてそれらを完全に封印していたのでは元に未来は無い
起き攻めに飛び込みを狙うのはある程度封印せざるを得ないが
通常時の立ち合いでの飛び込みはガンガン狙っていく
もちろん闇雲に飛んでいては冥府直行なので、相手の癖をよく見ておく事

真に辛いのは波動拳と中足の性能故にダッシュ投げを仕掛け難い事
ダッシュ投げや中K(大百連)を波動拳に潰されるのもある程度は必要経費を割り切る事も必要

また試合中に相手の癖を読み、中足の戻りにダッシュ投げを仕掛けられるとかなりの戦力になる
リュウの飛び込みはこちらの置き中足(→大百連)でほぼ落とせるのを覚えておく
また対の選択肢として喪J大Kロケッティアを使う(空中竜巻めくり対策にもなる)
地上対空は使わない(忌2大Kは失敗した時のリスクとリターンが見合っていないので使わない)
またそれを意識させると、普段以上に飛んで来ない様になる為、そこからの展開を考える事が重要

ここでリュウが取る選択肢は
▲遠距離
 波動拳 竜巻によるゲージ溜め
▲中距離
 中足、置きセビ、ウロウロ、波動拳、セビ対策の竜巻
▲近距離
 コアコパ、2中Pからの投げ(or再度2中P)、投げ対策のEX竜巻
 博打昇龍からセビキャン、またそれを意識させておいて主導権を握る行動

が主な戦い方になる

これに対し元が取れる行動は
▲遠距離
 波動拳にはセビゲージ溜め、徨牙(即着地と近距離・遠距離の比率は6:1:3程でいい)
 また波動拳セビ受けは2発までに留め、3発は白ゲージ回復の為にガード若しくは垂直Jすること
 これは他の飛び道具持ち相手全般に言える
 波動拳とはいえ3発食らったダメージは元にとってかなりの痛手なのを認識しておく
 徨牙はどの距離、どの打点でもガードされると昇龍拳(→セビ滅)が確定するので
 ウルコンゲージはよく見ておく
 徨牙近距離蹴りはモーションがゆっくりな為、相手に対応されやすいので控えめに撃つ
 徨牙遠距離蹴りは相手のモーション等を『見ずに』『先読みで』出す
 出すなら相手の癖を十分に把握した上なので出す時は思い切って出していく
 竜巻でゲージ溜めてるならこっちも逆瀧でゲージ溜める
▲中距離
 中足スカりには前述したダッシュ投げで対抗
 中足・セビ・波動拳対策にセビをちらつかせる
 時にはセビ1当て→バックダッシュも取り入れて相手の選択肢にリスクを負わせる
 もちろん本命はセビ2だが、中足波動に潰されるので程々にする
 竜巻スカりには喪2大Pで完璧に勝てるのを覚えておく
 また波動拳の出かかりを中Kで潰すのも忘れずに
▲近距離
 スト4元にとって最高クラスに辛いのがこの距離でのリュウの攻め
 しゃがみグラップは基本封印、投げには立ち投げ抜けで対抗する
 コアコパからの攻めは最速バックダッシュガードを基本にすれば被害は抑えられる
 大ゴスからの攻めも同様、BDGでおk
 2中P→投げ 2中P→2中P 2中P→コパ→投げの3種の攻めは
 基本垂直Jで攻めに転じるか、逃げ喪中Kで対抗する
 最後の2中P→コパの部分は食らうが、そこはコパ食らいを確認してからしゃがみグラップを使う
 リュウ側もこのコパからヒット確認で昇龍は撃てないので、その後は投げ多めなのを意識しておく
 こちらの投げ抜け潰しで使うEX竜巻をガードできた時は惨影・絶影を当てるのを忘れずに
 コアコパ→2中P→中足波動の波動部分には弱惨影で割り込めるのを覚えておく

こちらの中中百中百の部分はリュウはガード硬直中に2323P連打で
容易に割り込めるので、リュウにウルコンゲージ溜まってる時はヒット時以外封印する
(そこから昇龍ヒット確認のセビキャンも容易)

これはザンギでも同じだね(グルグルスクリューで容易に割り込みできる)

攻めつつ待つ、これを意識するのはとても大切
また、待った後に相手がガード継続していた場合に
可能な限り素早く反応して攻めを継続できるように心掛けておく。


したらば元スレに記載されていたものです。