STREET FIGHTER IV Wiki

元 対ケン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■vsケン戦

初めのラウンドで相手の中足、6中Kの度合い、それらを駆使した攻めの多様さ、バランスを見ておく
相手の6中K→中足の連携にはセビ置き→6中K受け確認→セビリリースを
視認から最速で行える様に集中する
これができないとケンは暴れたい放題になり、かなりの劣勢を強いられる

幸いな事にケン側にできる通常技連携はそんなに多くないので
接近戦以外では基本ここのみに注力するだけでいいというのも知っておく

  • ケン中足性能 発生4F ガード時-4F ヒット時-1F(ここが重要)
  • ケン6中K性能 発生11F ガード時-2F ヒット時+1F

よく使われる、6中K→中足という連携に割り込むには、ガード時6Fの猶予しかないため
元側がそこで使うに適した技はリーチ、リターンを考えると
『喪中K(発生5F)』『喪大P(発生5F)』『大百連(発生4F)』『忌2中P(発生5F)』になる

  • 喪中K(→大百連)と大百連について
 これは普段から6中Kをガードした瞬間に小中大Pズラし押しを手癖に付けておく事で容易になる
 だが、6中K後にケン側が中足を振っていた場合しゃがみヒットになるため
 オススメとしては生で大百連→歩き中K大百連になる

  • 喪大Pと忌2中P
 前述したしゃがみヒットの部分を解決できるので喪大Pは更にオススメ
 ガード時のPズラシ押しと併用する事でキャンセル百連に繋げられ火力も上がる
 この大百連からは中K百連に繋がらないのには注意
 6中Kガード時に忌流だった場合は2中P大蛇穿がオススメ

そして裏の選択肢として6中Kガード後に飛び込むのも心掛けておく
これを見せておく事でケン側は6中K後に中足を振るのを躊躇し、様子見するようになる
もちろんその後にこちらがするべき行動はダッシュ投げ、もしくはそのままガード継続しておき
それで焦れて飛んできたケンへの対空行動に注力する
また、人によっては6中Kガード後に大昇龍ぶっぱしてくる場合もあるので
それも事前に戦い方、癖を見ておき、そういう場合はガード多めで攻める素振りだけ見せておく
(この昇龍からはセビダッシュ投げも警戒しておく)

問題は6中Kを食らった後展開
中足に繋げてきた場合は3Fの技で割り込めるが小Pはリーチが足りず、そもそも当たらない
投げは間合いが遠く入らない
そして6中Kからコア(発生3Fなのでこの場合は2F発生計算になる)等に繋げてきた場合は
割り込みすら許されず、完全に守勢に回る事になる

6中Kヒット後にケンが取る代表的な行動は
『コアコパ(→ヒットで大昇龍、ガードで中足or移動投げ)』
『中足(→波動)』
『生移動投げ』
『大昇龍(→セビキャン)』の4つ

対して元側が取るべき行動は、一瞬しゃがみガード→遅らせ『立ち』グラップ

グラップタイミングとしては
6中K食らう→しゃがみガード→最速大昇龍の1発目と2発目の間ぐらいでグラップ入力
(あくまでタイミングの話ね)

あと話が前後しちゃったけどケン戦で重要なのは
投げを意識し過ぎて打撃を食らいまくるのは絶対に避ける事
時にはあえてガンガードで様子見するのも重要
そして投げ主体に切替えてきたら(若しくはその気配を察知したら)
そこで初めて投げに来る場面で垂直ジャンプからの攻めを使っていく

あと大昇龍を食らいまくって気持ち的に守勢に回る人は、攻めつつ待つというのをもっと増やして
大昇龍スカりに強烈なリスクを負わせられてない事が多い
大P逆瀧でいいので、毎回確実にダメ稼いでおく事(ここで中中百狙って失敗してるとケンは調子に乗る)

  • 大竜巻食らい後とめくり竜巻について

大竜巻食らった後の状況は1F有利だが、御存知のように投げと大昇龍の逆ニ択が待っているので
基本的には守勢に回らざるを得ない
ケンに取ってもここでの大昇龍は(ゲージが貯まっていない限り)博打になるので
基本はグラップでいいが、両方に対応するには遅らせグラップにする必要がある
ここでもしゃがみグラップにはせずに遅らせ『立ち』グラップにする

めくり竜巻はそれ自体に対処するのではなくて
事前にそうならない状況作りを心掛ける
リュウ戦でも書いた喪J大Kロケッティアを見せておくのが重要
ただ起き上がりのめくり竜巻だけはどうしようもないので読みが絡む
(1313K入力の逆瀧で対応できるのはケン側の重ねが甘い場合のみ)
中足で竜巻をスカすことは可能だが、その後硬直に反撃を受けるのであまりオススメはできない
セビ逃げは入れ込み中足大竜巻を食らうのでやめておく

最後に中足波動には弱惨影で割り込むのを忘れずに

あと何かあったかな?
今とりあえず思い付くところはこんなものかな
補足あれば他の人も頼む
元ならではの切り返しってのがキャラ性質上ほぼ無いので
つらいだろうけど、如何に博打にリスクを負わせるかってのは
ケン戦で特に重要になるので、確定反撃、有利時の最大リターン追及は頑張っておくれ。


したらば元スレに記載されていたものです。