STREET FIGHTER IV Wiki

クリムゾン・ヴァイパー 対リュウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


反確表

発生の早さ(反撃に使う主なものだけ)

投げ>2弱P>弱K=中P>強スパコン>2中K=強サンダー=ウルコン>2強P=中スパコン>EXバーニングキック>弱スパコン>中サンダー>弱サンダー>EXセイスモ>セイスモ(弱=中=強)>EXサンダー>SALv2~

2強P

2強P、2中K

滅波動

前J後SALv3、(重ねに対してやガード後)EXセイスモ

2強K

距離が近ければ2強Pや生ウルコンも、先端ガードでも弱スパコン確定

昇龍

歩いて2強P

中or強昇龍

SALv2(高難度)
  • 備考
真空波動は密着でガードしてもリュウ大幅有利
竜巻は2P系で殴れるが、強竜巻をガードしてしまうと反確無し

技対策

2中K(中足)

中足→波動を決め打ちしてくる相手には波動に割り込んでウルコン確定。普通はEXセイスモが安定。
6強Kで足をすかして攻撃できる。
6中Pで出した足を潰す事が出来る。
中足を多く振ってくる場合は一転読みでEXセイスモぶっぱもアリ。
起き上がりの中足の持続重ねについてはガード。

垂直ジャンプでの様子見(バッタ)

ゲージが溜まる訳でもないので付き合う必要なし。
放置、もしくは歩きやダッシュで間合いを詰める。
無理にバッタを落としに行く必要はない。
HJEXバニで空対空。
着地に2中L→ウルコンでわからせるか、早出しJ強Kで潰す。
着地に昇龍を出すようになったら様子見。
強セイスモ(中セイスモの距離は危険)。
着地に慣性バニでのめくり。
着地に中サン(ガードさせるのが目的。見てから昇龍は難しいので読み合いになる)。
着地に弱サン(対空気味に)。
着地に2中K(→ウルコン)。中サン同様、読みあいになる。
各種フェイントで昇龍を誘う。
自分のゲージを溜める。

セビ

中サン(比較的に格下の人に対して利用。うまい人だとセビ→バックダッシュで中サンの隙に攻撃される)。
2中K→強サン(セビの攻撃部分に強サンがヒット。セビ→バックダッシュにすかされるが、まぁ大丈夫)。
2中K→EXセイスモ(セビ→バックダッシュにも対応。セビをディレイしてきた場合に負ける)。
EXセイスモ(セビの当たらない間合いで。バックダッシュ、セビ攻撃にはその後のキャンセルHJバニが当たる。
めくり慣性バニ(セビに取られても反撃無し。セビ→バックダッシュにも刺さるので有効。

各種竜巻

EX竜巻ガード後にはウルコンが確反

波動拳

波動拳を見てからの弱サンはサンが届く距離でもまず間に合わない。
HJバニの方が全然間に合う。
セビダッシュ→EXセイスモは有効だが、多用注意。こちらの行動を見てないリュウにも注意する。
6中Pは一番すぐに動ける行動。
HJで通り越す(大きく逃げつつ相手が何かするのを誘う)。
EXセイスモは強もしくはEX波動を抜けられるが、引きつけが必要でリスクが伴う。
真空波動をセビ→バクステで回避できるタイミングが有る。

立ち回り

中距離以遠 (中セイスモ以遠の間合い)

中距離以遠ではリュウは波動を撃つ機会が減ってくる。
リュウの動きで多いのが、慣性バニとHJからの攻撃を潰すための垂直ジャンプ。
この距離では波動を見てから弱サンで潜っていける。
リュウが間合いを測り、弱サンの届かない位置からの強気の強波動は、強波動を振れるだけ自分の動きがパターン化されている事も原因に考えられる。セイスモやセビダッシュ、HJ弱バニ、各種フェイントなど動きを広げてみる。
中足→EX波動の場合、連続ガードの可能性アリ。
中~遠距離においては、リュウの波動を出させないためにもセイスモ。
反応できれば波動に対して慣性バニで飛び込む。

近距離 (リュウの中足の間合い)

EXセイスモ→サンダーフェイントで様子見。セイスモがヒットしたら中サンもしくはウルコン。
2強K、弱サンをたまに置いてみる。
この距離でヴァイパーが垂直ジャンプすると昇龍の的なのでNG。
昇龍をすかす間合いを把握して、きっちり反撃するのが重要。
セイスモ→セイスモの一段目ガード後に二段目を弱昇龍ですかそうとするリュウにはHJセビ→ダッシュやHJ弱バニで距離を調整してみる。
リュウのセビが怖いので、慣性バニは確実にめくれる状況以外は控える。
リュウは基本的に自分から飛び込んでこないので、波動に積極的にセビしてウルコンゲージを溜める。
中足→波動に対しては、割り込みEXセイスモ。
セイスモキャンセルを多用して昇龍などを誘って落とす。
置き昇龍を喰らうとスパコンやウルコンが飛んでくるので、飛ぶときは気をつける。
リュウの中足一点読みに対して、6強K。
6中Pは波動や出した中足に当てたり、リュウのしゃがみガードを潰せる。

至近距離

リュウのコパからのめくり粘着への対応については、近5中K(蹴り上げ)で落とせるようだが、間合いやタイミングが難しい。
振り向き強サンや前ステ、前歩きからの着地を投げ(昇龍注意)、SAキャンセルダッシュ、バックジャンプK、2中Kも使える?

起き攻め

起き攻めのバニは中足ですかされる。
J強Kの裏表は、両対応昇龍で落とされる。
真上からの弱バニ(炎の持続を被せる)で昇龍を狩れる。しかし、セビられると痛い反撃を食らう

被起き攻め

リュウの2弱Pガード中は弱バニ暴れを多めに。
画面端で固められてしまったらひたすら我慢。これはEX竜巻に対してのリスクがあるため。
起き上がり重ねのEX竜巻でヴァイパーのしゃがみグラップが潰される。
被起き攻め時はヴァイパーの起き上がりに5強Kを重ねれると、こちらの暴れが潰される。
起き上がりに中足の持続を重ねられると強サンは当たらず、EXバニは裏落ちしてコンボの対象に。
弱バニ暴れはリュウのコパで潰れる。もしくはコパを連打していなければリュウのガードが間に合う。
コパに対してのEXセイスモもコパ連打で潰されたりガードが間に合うが、キャンセルHJで逃げられる。
コパに対しては強サンで勝てる。
画面端を背負っていなければバクステ安定だが、読まれると竜巻をはじめ、各種追撃が飛んでくる。