STREET FIGHTER IV Wiki

ザンギエフ 対リュウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<基本方針>
ゲーム屈指の性能であるスーパーコンボを持っているために、とにかくゲージを貯めさせないことが重要。これを念頭に置く。互い端の状況での波動拳をセビやクイックで処理し続けるのは期待値不利と言えるが、中距離での波動抜けEXバニがあるので相手の選択肢を減らすために最低でも1つは貯めておこう。
また、上級者のリュウの立ち回りには以下の二通りある
J竜巻をしながら逃げ回り、スパコンを貯めたり波動拳で削りながらタイムオーバーを狙う
波動拳がバニ抜けできない間合いで強波動主体に牽制しながら各種反確を拾っていく
相手の戦術を理解しザンギ側はダウンからの起き攻めを狙おう
■起き攻め
昇龍拳に注意しながら、しっかりと投げと打撃でダメージを奪う。
ただし昇龍拳はセービングによるリスク軽減が可能なため、バックステップやダブルニードロップを用いた安全なタイミングでのめくりを用いることで技自体を空振らせガードしないことでリスクを負わせることが重要である。


■飛び込み
正面からの飛び込みはEX昇龍拳で確実に落とされる。また、昇龍拳相打ちやEXSAからウルコンがつながるために相手のリベンジゲージとスパコンゲージには注意する。序盤での飛び込みの通し方としては、リュウ側がザンギエフのJ中Kを落とす事が可能なタイミングでの昇龍拳に対してはJ強Pを用いて相打ちによるダメージ勝ちを狙える。また昇龍拳の届かない間合いでは遠立強Kによる対空を空かせる間合いでの飛び込みも有効である。


■ジャンプ対策
ダブラリだけでなく、屈中Pやセービング、頭突きなど併用して落としていく。
詐欺飛びに対してはEXスクリューで対処する。


■波動拳対策
セービング>バックステップでのリベンジゲージ貯め、クイックダブルラリアットでの回避を併用する。セービングのみを連続するのはリスクが大変大きい。EXバニシングの2ヒットする間合いではしっかりと波動拳に反応してEXバニシングを打つ。
セービング>ダッシュ>スクリューなども狙いの一つとして置いておきたい。
また、セービングやダブラリ、バニシングなどへは見てから真空波動拳をあてられるので注意する必要がある。


■ウルコン対策
生でのウルコンに対しては暗転中から上要素に入れっぱなしにすることで安全に飛び越せる。着地後はセービングLV2があたるほどの硬直があるのでしっかりと最大限のリターンをとる。
リュウ側のメインの狙いは対空からなのでゲージがたまったら不用意に飛び込まない。


■立ち回り
互いのゲージや体力残りタイムなどによって変わるリスクリターンを加味して、得意不得な間合いを把握して立ち回る。
<超遠距離(端と端)>
攻撃手段はないがゲージ貯めができる。
ミスをするとダメージを受ける事、相手もゲージを貯まる事、ダブラリ終りの硬直を狙って弱波動打ったあとに近づいてくる事に注意。
<遠距離(EXバニが1段ヒット)>
移動EXバニが届く、クイックでゲージ回収できる。
相手の波動拳→小昇竜でのゲージ回収にリスクがない。
<中距離(ジャンプが届く)>
波動読みでジャンプが成功するとフルコン。少し下がってショートジャンプで対空を空かせる。波動拳をみてからEXバニができる。
相手はジャンプに対する対空手段が充実しているので注意。
<近距離(打撃の当たる間合い)>
以下を参考に相手のくせを読みながらジャンケン。
中足:遠立中Kか遠立弱K仕込みEXバニで潰す
5大K:すかした後,遠立中Pかコパン仕込みEXバニ
2大K:ガード後、間合いに合わせて各種コマンド投げ
置き中P:遠立中P。相打ちでもダメージ勝ち
波動拳:見てからはガードしかできないが、先読みで飛び込めた場合フルコンが入る