STREET FIGHTER IV Wiki

豪鬼 対バイソン

バイソン

豪鬼キラーその2。
牽制には基本的に屈中K。姿勢が低くヘッドやEXダッシュアッパーなどを潜れる。
ただし中足からの波動拳はヘッドバットで割られるので注意。基本は単発で振りつつ、昇竜や大竜巻を仕込んでおいてEX突進技に対応する。
接近戦では相手の屈弱Pが猛威を奮うので、基本逃げ回りつつ立ち回ること。上手く合わせればなんとか豪昇龍拳であわせ攻撃を受け止める。
逃げる際にも相手には振り向きスパコン・ウルコンがあるので適当に逃げないこと。
ヘッドが届かない位置での垂直Jは、タイミングが合えば相手の突進系に反撃できるので、立ち回りで混ぜていくとよい。