STREET FIGHTER IV Wiki

エル・フォルテ 基本戦術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遠距離

  • フォルテは遠距離からの攻撃手段はあまり多くない。
    • 三角飛びから攻める場合はレバーで距離を調節して相手の空振りを誘ったり、めくり攻撃を狙うなどの揺さぶりをかけられる。
      • しかし無闇に仕掛けても失敗に終わることが多いので、ここぞというタイミングを見極めるのが重要。
    • 画面端に居る場合はジャンプするだけで相手にプレッシャーをかけられるので、ぴょんんぴょん飛びながら相手の出方を伺うのも悪い手段ではない。
    • (EX)アバネロダッシュで強引に攻める場合はアーマーブレイク属性の技に気をつけなければならない。
      • 多段技、EX飛び道具などは、2発まで耐えられるアーマーを活かして突き抜けると良い。
      • 上手く虚をつければ、相手が動揺したところに攻撃を仕掛けられ、起き攻めに繋がる。
    • 相手の出方を待つ場合はEx飛び道具に気をつけつつ、飛び道具をセービングで受けてゲージをためて相手にプレッシャーをかけるのがベター。
      • ただし受けすぎると体力が回復しきらないうちに攻撃を食らった時のリスクが高くなるのでほどほどに。
    • 弱ワカモーレレッグスルーでゲージを溜めるのも手。
      • ただし、見てから余裕で反撃できるキャラもいるので注意。

中距離

  • フォルテがもっとも得意とする距離。
    • 牽制としては、ドロップキック、スライディング、垂直ジャンプ、アバネロダッシュ派生、セービングをメインに使う。
    • 飛び道具やけん制攻撃にあわせて、アバネロバックダッシュ→プロペラトルティーヤが決めやすい。
      • 慣れない内は、EXアバネロダッシュで派生すれば、遅れても攻撃を受けて反撃できる。
      • プレスやプロペラトルティーヤは便利で多様しがちだが、無闇に打っても昇龍拳やバックジャンプ攻撃で簡単に撃墜される。
      • 相手の動きに合わせるのが重要。
    • アーマーブレイク技をあまり使わないキャラにはセービングが有効。
    • 腕に自身があれば積極的にアバネロで走ったほうがプレッシャーを与えやすい。
      • フェイントも単調にならないように時折ダッシュを長めにしたり、攻撃を混ぜるとより効果が期待できる。
        • 相手がフェイントなどに引っかかった場合は即座に攻めへ。
    • とりあえず振っておく攻撃は、強Kや屈強Kで、相手の牽制を潰す事を心がける。
    • また、アバネロダッシュで急接近して、急停止してすぐに投げや、プレス派生してめくりヒットさせるなど、相手に的を絞らせない攻めを心がけたい。
      • 飛んだところを急停止→EXワカモーレレッグスルーで狙ったり、けん制攻撃をセービングで受けて反撃するなど、ほかのキャラ以上に相手の対応を逆手に取る立ち回りが求められる。

近距離

  • 近距離攻撃はすべて出が遅め。しかも昇龍拳のような便利な割り込みの手段がない。
    • このため、相手に攻められた場合は無理に反撃を狙わずに防御・逃げに徹した方がいい。
    • 逃げる手段はバクステが優秀。バクステで投げをスカした後に投げるなどの使い方もある。
    • 他にはEXアバネロバックダッシュ派生、EXワカモレなどの逃げや、投げを読んで垂直ジャンプも有り。
    • あえて割り込んで反撃をするなら、弱スパコンが有効。相手も割り込まれるとは思ってない。
  • 画面端に追い詰められた場合は、投げに気をつけながらEXワカモーレレッグスルーや三角飛びなどでにげるのが定石。
  • 相手の飛び込みには屈強P、バックアバネロダッシュ→トスターダプレスorプロペラトルティーヤなどが優秀な対空手段となる。
    • 後者は相手を引き付けてから出さないと上昇無敵の終わりに相手の攻撃が刺さることが多い。
      • 自信がない人は早めに走って相手の攻撃より前の位置から打つと成功率が高くなる。
    • セービングアタックは攻撃判定の発生が遅めのため、対空で使うと攻撃が当たる前に相手の次の攻撃を食らってしまうことが多い。

  • こちらが攻める場合は立弱P×n回のコンボや強Pループ、屈弱Kor屈中K→アバネロダッシュ→派生技で相手の反撃を潰したり空振りを誘うなど、多彩な攻めを展開できる。
    • ただしトスターダプレスの上昇中、EXワカモーレレッグスルー以外無敵判定がないので、無理に攻めると相手のコンボを食らうことになる。