STREET FIGHTER IV Wiki

エル・フォルテ 起き攻め


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


起き攻め

投げや屈強Kなどでダウンを奪ったらフォルテのターン!
このゲーム屈指の起き攻めキャラなので、複雑な起き攻めで相手を上手く料理してあげよう。

プロペラトルティーヤを重ねる

  • ガード不能技。相手の後頭部辺りを狙う感じでやるといい。相手が回避しようとジャンプした時はワカモーレや空中投げ、ギガバスターも狙える。
  • 相手がバックステップをしたら通常投げを狙おう。前ステップだと逃げられてしまう。

トスターダプレス(前後)

  • 中段。屈ガード不可なので、めくりでやると効果的。アバネロバックダッシュからだとプロペラとモーションが判り辛いので尚良い。
  • 相手のジャンプ、バッグステップを潰せる。前ステップだと逃げられる。

スライディング(屈強K)

  • 下段。出は遅いが技後の隙は少ないので、早めに出して当てる感じで。ガードされても5分。
  • ガードされたら投げを選択(やりすぎは危険。相手のグラップを読んでジャンプしてもいい)。相手のジャンプ、前後ステップを潰せる。

浴びせ蹴り(横中K)

  • 中段。隙は少なめなのでヒットしたら小足小足中足と繋げアバネロダッシュ派生技へ。ガードされたら小足⇒投げや小足⇒浴びせ蹴りなどでガード方向を揺さぶると効果的かも。

(急停止→)下中K

  • 当たればキャンセルアバネロダッシュから相手に選択を迫れてガードされた場合はキャンセルアバネロバックダッシュで逃げられる。
  • 一見いいこと尽くめに見えるが、ダッシュからの追撃が安定しない上にガードから体勢を立て直される可能性が高い。
    • 時々出して虚を突く程度にしか使えず、リバーサル技には無力なのもマイナス。

(急停止→)投げ

  • 相手に密着するためリバーサル攻撃のリスクが高くあまり有効ではなさそうに見える。
    • しかし、相手起き上がり後の投げ無敵が2F程度しかないため、相手が投げを警戒してなければほぼ確実に決めることができる。
    • リバーサル攻撃潰しと併用すると強力。

何もせず様子見(相手のリバーサル技を警戒)

  • リュウなどが相手の時は昇龍拳(上昇無敵技)やスパコンウルコンなどで割り込もうとする。
    • なのでここをあえて様子見し、相手の技をきっちりガードできたら反撃しよう。

EXワカモーレレッグスルー

  • EXワカモーレの無敵時間を利用する。
    • 相手が昇龍拳などの上昇技を持っている場合、リバーサル一点読みでEXワカモーレするとキャッチすることができる。
    • 決まると 超カッコいい。 みんなも真似しよう。