STREET FIGHTER IV Wiki

用語 ア行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あ行

相打ち

自分が出した技が相手にヒットし、かつ相手が出した技が自分にヒットすること。

あけぼのフィニッシュ

スパコンやウルコンで相手を倒してラウンドを取ること。
  • スト2由来

○足

足 (しょうあし、こあし)」「中足」「足」の「足」は「足払い」の略。つまりしゃがみKのこと。
立ちKと誤解されがちなので、なるべく「屈強K」などと言う方が無難。
「立ち大足」は誤用。 「下大足」は冗長。

足払い

しゃがみKのこと。
本来の格闘技では自分の足で相手の足を横から払うような攻撃を指すが、格ゲーではしゃがんでKを押す通常技なら足を突き出す技でも足を斜めに上げる技でも手で攻撃する技でも「足払い」と呼ぶ。

当て投げ

打撃技をヒットもしくはガードさせた直後に投げること。

当て身技

Wikipediaの「当身」 参照。
スト4では剛拳の金剛身が該当する。

阿部

アベルのこと。

アマキャン


安全飛び込み、安飛び


暗転

スパコンやウルコンの発動時の演出で、成立すると相手が操作不能になる。
  • 他のゲームで画面が暗くなる演出が用いられたことから。

移動○○

ケンの→+中Kなどの存在判定が移動する技を 空キャンセル して○○すること。
移動投げ がよく使われる。

裏落ち

空中からの攻撃の後にキャラ同士の左右が入れ替わること。
ガード方向により「正ガード裏落ち」「逆ガード裏落ち ( めくり )」がある。

ウルコン

ウルトラコンボ のこと。

エミリオ式


遠~

対義語:近~
大半のキャラの「立ち通常技」は、相手との距離によって技が変化する。
「遠中P」などは、略さずに言うなら「遠距離立ち中パンチ」のことである。
キャラや技により「近距離」「遠距離」の認識間合いは異なるが、目安としては「自キャラと相手キャラが重ならない距離(の前後)」より離れていれば遠距離通常技になる。
性質としては、けん制用としてリーチが長めのものや判定が強めの物が多く、その代わりキャンセルがかからないものが多い。
「遠~」と付けた時点で立ち通常技であることがわかるため、「遠立中P」とかいうのは冗長と言える。

お手玉

ベガの斜めジャンプ中Pを2回当てること。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る