STREET FIGHTER IV Wiki

ケン 対ブランカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【立ち回り】

  • 基本的には中間距離で待ち気味。対空、コパン連打、中足差し込みを中心に、安定行動を軸に立ち回る。
    • ぶっ放しや暴れなどの強気で動くと、判定やリーチで負ける相手なので食われる。
  • 攻めの指針は ブランカが画面端に追い込まれるように立ち回る こと。エセ鳥かご状態がベスト。
    • 「ケンが前に出る→ブランカ逃げる→ケンが間合い詰めるor様子見→ブランカ動く→ケンも動く」を繰り返して、画面端に追い寄せていく。
      • 逃げられてもまた同じように追い込んでいく。これを繰り返していくと、次第にブランカ側がしんどくなるので殴ったり投げたりして倒す。
  • バックステップローリングでの逃げにはめくりガード後反撃が超おいしいです。
    • EXバックステップローリングの正面orめくり当てにはセビ>ダッシュで両対応。

【開幕】

  • 様子見が安定行動。
  • 波動拳厳禁。
    • 見てから雑巾(リバーラン)余裕でした。
  • 弱ロリ>投げ対策にコパン連打。

【遠距離】

  • 屈弱P連打。
    • ぶっぱロリ対策。読んでいれば中パンでも大昇竜でもOK。
  • 波動拳。
    • ブランカが歩いてると雑巾での反撃が確定する。無駄な体力は使わないように。
    • EXロリは見てから昇龍拳で対応。
  • お互いに遠距離だとやれる事がないので歩いて中距離へ。
    • 逃げブランカは画面端に追い詰めつつ、ジャンプ読みで昇竜やロケッティアや垂直J大Kで叩き落とす。

【中距離】

  • リーチで負けるのでブランカ側の得意間合い。
  • 適度に屈弱P連打でロリ対策。
    • 雑巾&屈強P等の届く間合いでは判定負けするので出さない。
  • ケン側は中足で差し合い勝負。
    • 常に対空には気を配る。
  • 雑巾とサプライズフォワードからの投げor中足、スカし弱ロリからの投げなどに注意。
    • サプライズフォワードと弱ロリは反応できればコアコア等で反撃したい。もしくは投げで返す。
    • 何回も弱ロリ→着地投げが通ったら相手が警戒していないと見ていい。適度に中昇竜や中パンを叩き込もう。
  • ブランカ側の屈強Pはかなり強い。
    • ガード後に6中K差し込み→セビ誘う→読み合い発生?
    • 隙が非常に大きく、ガード後は届く間合いならば中足大足などで反撃できる。
  • 中間距離では波動は封印。もし撃つなら最遠距離推奨(EXロリが届かない間合い)。
    • 見てから雑巾orEXロリ余裕でした。EXロリは何しろ無敵時間が長いので無駄撃ちすると良い感じで間合い詰め+ダメージで損をする。
  • この間合いで飛ぶと、打点高めの飛び込みは着地を雑巾ですくわれたり、発生が早い昇り垂直強Pで落とされる。
    • 空ジャンプで雑巾を誘う→着地ガード→中足で反撃。他の通常対空で対応されてきたら読み合い。
    • 空中竜巻で雑巾避けてからのコアコパは有効。
  • 逃げジャンプは強P安定。

【近距離】

  • ケン側も比較的戦える間合い。
    • いつものコアコパ絡みのN択で攻める。
  • 飛び込むならこの距離から。
  • 安易なめくりはEXバーチカルで食われる。深めに行く時は相手のゲージや溜めを意識しよう。

【画面端に追い詰めたら】

  • ブランカ戦では特に重要で、 ローリング各種をガード後反撃※できるようになり 非常に有利な状況。※バーチカルなどはヒット後でも反撃可能。
  • ここぞとばかりに無理矢理飛びから攻めるとバーチカルで落とされてターン終了。地上からじっくり攻め切りたいところ。
  • EXバックステップローリングで逃げようとする相手をどう対処するかで有利度合いが変わってくる。
    • EXバクステロリは移動距離が長くスピードが速いが、 攻撃判定発生前に無敵が切れる 点に注目。
    • 起き攻めなどでは弱技連打系、大K・昇龍仕込み系や遅らせ前蹴り等で対処可能。あくまで逃がさない。
      • 相手側ウルコンゲージ溜まってたら読み合い。

【画面端に追い詰められたら】

  • 隙を見て竜巻(EX、昇り空中)やジャンプをくぐって画面中央側へ逃げる。
    • 追い詰められると昇竜ぐらいしか撃てなくなる。

【対空】

  • 中昇龍、EX昇龍安定。相手のジャンプが速いので気合いで。
  • 近距離の跳びには早出し屈強Pアッパーも有効。とにかく落として流れを作りたい。


【起き攻め】

  • EXバーチカルでめくりを容易に落とされる(EX空中竜巻が機能しにくい)ため、相手のゲージの有無で選択肢を使い分けよう。
  • ゲージがなければ基本的にはめくりからの択狙い。
  • めくるならJ弱Kがいいかも?
    • 電撃を潰しやすい?(要検証)。
      • 発生がそこそこ早く、姿勢が低いため甘いめくりは落とされる。しっかり重ねればおk。
  • ゲージがある場合は基本地上から。もしくは詐欺飛び多めで。
    • 移動投げ、昇龍暴れ潰しなどで択る。
  • 投げからは前歩き空ジャンプや弱竜巻で相手の横タメを解除して択ると非常に有効。
    • 下段、強昇龍、投げ、ガードなど。

【被起き攻め】

めくりJ中K

  • 基本はガード。
  • 明らかに詐欺れてないめくりは逆入力(両対応でも)昇竜で落とす。気合いで落とす。
    • 甘めのめくりは屈強Pアッパーで落とすのも有効。(昇龍は真上を落としにくいため)

電撃重ね

  • ガード後不利なので、その後の動きに注意する。
  • 100%読みきれていればリバサ昇竜で対応したい。
    • フェイントだったら諦める。


【要注意技】

ライトニングキャノンボール(ウルコン)

  • 発生時無敵あり。ガードは しゃがみガード(発生後の飛び上がる前)→立ちガード(飛び上がり部分)→立ちしゃがみ両方(それ以降)
    • ガードできない人は何回か喰らって慣れよう。削り量が大きいのも注意。

ウルコンへの反撃

  • 最後までガード後、着地に長い隙があるから安定して中足が差し込める。また、 歩きorダッシュ神龍拳が確定
    • 中足反撃は早すぎると空中HITになるので注意。
  • 初段後の飛び上がり部分に割り込み神龍できるらしいが難易度高し。リスクも高し。
  • 飛び上がり後の停滞に中足等入る。EX昇龍拳安定。
  • 削られたくなければUC演出見てからEX昇龍で拒否るのも有効。 反撃は難しいがゲージ吐かせるだけでも大きい。
  • 飛び上がり後転がってくる時にタイミング良く屈中Pを押すとダメージを受けずに潰す事が可能(屈辱技?)

ローリング

  • 中距離からの弱(遅い)ロリすかし投げにはしゃがみグラップの小足から小パン昇龍での反撃が理想的。
  • ガード後は小竜巻でゲージ溜めつつ接近、移動SA即ダッシュなど。
    • 端以外では確反なし。
  • 上記にもあるが、とにかく屈弱P連打でバリアを張る(見せておく)のが大事。スト2気分。
    • 中P、中Kで止めるのも有効。
  • 昇龍、神龍での直カウンターは抜けたりカス当たりになる事が多い。腕に自信のある人や死にそうな時向け。
    • 落とすのに失敗すると、ケンの背中部分の食らい判定にロリが当たって死ぬ。
      • 見てから大昇竜>セビダッシュ>神龍(クリーンヒット)ができると非常に楽になる。最大リターン。
  • 中足でロリに相打ち取れるっぽいが、早出ししてないとキツいかも。中パンが大安定
  • ローリングを見てから落とせる距離(=反応速度)次第でブランカ戦のキツさが変わってくると言っても過言じゃないかもしれない。

電撃

  • ガード後不利なので下手に動かない。
  • 目の前で出されたら歩き強昇龍でぶん殴る。もしくは移動大昇竜で燃やす。


名前:
コメント: