STREET FIGHTER IV Wiki

ケン 対ダルシム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【基本立ち回り】

【全般】

  • 近づけなければ死ぬ。近づいたら昇竜などで殴り殺す。
    • 相手は防御力が低いので、多少体力負けしていてもコンボが入れば一気に攻めムードに行ける。
    • 移動セビからたまにセビぶっぱも交えながら近づく。何か刺されても大攻撃一回くらいなので必要経費と割り切る。
      • ダルシム側の装甲は薄いので相打ち上等な気持ちでOK。
      • 体力負けてるからといってガードばかり→焦りのジャンプはダルシムの立ち強Kの的。
  • 起き攻めはテレポのおかげで拒否されやすくて辛い。
  • 投げを執拗に迫るか、昇竜を見せて牽制振りにくくさせたい。
  • ゲージは飛び込みやコンボにEX技を使うことが多いため、常に1以上をキープしておきたい。
    • ゲージが0だとこちらが打てる手が少ない。おまけにダルシム側のファイア連発などのゲージ溜めに付き合わざるを得なくなる。
    • 遠距離でやる事ない場合はこちらもゲージためを意識。
  • EX竜巻は警戒されるとまるで意味が無いのでたまに出す程度に。


【開幕】

  • ガードしつつ、前に出る。セビは見てからキャンセルファイア食らう。
  • 牽制読みで昇竜などもいいが、開幕から牽制打つ相手も少ない気がする。
  • 1ゲージ溜まるまで端まで離れて波動昇竜空中竜巻でゲージ溜めというのもアリ。


【接近方法】

  • 以下を軸に近づく。
    • とにかくガード→ちょい歩き→ガード
      • 相手の牽制の癖が読めるまではこれでOK
    • 中足波動EXセビダッシュ
      • 中足距離から強制的に接近できるので結構重要。
    • 牽制をセビってダッシュ
      • これまた基本。ただ、ファイアと連携されるとセビっても潰される場合がある。
    • ヨガファイヤーをEX竜巻抜け
      • 基本だが、反応次第では抜けられないことも。

飛び

  • 相手が飛んで降下し始めたらこちらもジャンプする
  • ダルシムは歩きや前ステ、ジャンプの降下速度などが非常に遅いため、距離調整して飛べば割と接近しやすい。
  • 着地弱昇竜・移動セビ、相打ち上等の2中Pなどを見せて更に接近する。
  • 2中Pは当たり判定は勝つが、早出ししすぎるとPの引き戻す瞬間に食らう可能性があり。


【飛びについて】

  • とにかく対空が強い相手なんで地上戦やりまくってから飛ぶこと。
  • 相手のゲージが満タンじゃ無い限り、強気の飛びはアリ。
  • 上手い人はセビバクステ→対空で追い返してくる。
    • 正面からのEX空中竜巻は膝or手刀で落とされてゲージの無駄なので、 有利状況から狙う以外 では使わなくてもいい。
      • 遠距離からの奇襲で使うのはあり。
  • 膝のギリギリ手前着地で飛ぶのは基本。


【ダメージが取れる飛び方】

  • ダルシムの真上で早だし大Pやると、(ダルシム側の対応ミスもあると思うけど)最低でもダメージ勝ち。
    • これに対してダルシム側の選択肢はセビ対空。
    • これは深当てから大昇竜で潰す読み合い。


【気をつけた方が良いこと】

  • ズームパンチ の削りダメージがないのをいいことに、しゃがみガードでガン待ち。
    • 突然テレポで背後に回られ、しゃがみガード不能のJ攻撃からフルコンボを喰らう。
  • ヨガファイア の弾速がトロイのをいいことに、のんびりセービングで受けてリベンジゲージ溜め。
    • 追加でズームパンチを撃たれ、アーマーブレイクで大ダメージを喰らう。
    • または、 突然テレポで背後に回られ、ファイヤーと挟み撃ちに合う。
  • ヨガテレポ (低空裏周り)は体力勝ちしていると狙われやすい。
    • 特にリードを取った時は意識しておき、され次第対応したい。慣れれば見てから反応できる。


【距離別立ち回り】

【遠距離】

  • 基本的にダルシムのペース。ズームパンチ(強P)や2強Pなどの牽制をセビって近づきたい。
  • 波動を打ち合ったり空中竜巻でのゲージ溜めをしていく。
    • 回転率考えると、撃ち合いで得る物はゲージぐらい。しかもダル側もゲージ増加率多いのが厄介。
      • でも1ゲージあれば中足やファイア合わせのEX竜巻が使える。
      • 攻撃的な相手なら焦れてテレポで攻め込んでくることがあるので注意。
  • 牽制振りまくるなら、弱昇竜で狩り飛ばす。


【中距離】

  • 弱昇竜でズームパンチ狩り。弱昇竜でも1回当たれば間合い詰めに行ける。
    • リスクリターン合ってないが、ガードやセビばかりしていてもしょうがない。
    • どうせなら移動昇竜で間合い詰めながら叩き込むのもいいかもしれん。
  • ファイアにはEX竜巻を合わせる。 近づける上に反撃取れる。
    • 必要なゲージは遠距離で溜めておくか、持ち越しに期待。ゲージ0は最悪。
    • 弱竜巻で下段すかしつつ接近するのもアリ。
  • ダルシム側のスライディングをどうするべきか。当ててからがめんどくさい。
    • スラを考えると、大足先端距離が結構重要な予感。
  • 中足の運用ポイントがイマイチ分かってない。どうしよう。→投げグラップ後に振っておくと暴れた相手に刺さりやすい。
  • 波動は差し込まれやすいので打たない。

牽制振りまくるダルシム対策

  • 「セビダッシュ→中足」や「セビダッシュ→移動投げ」で近づく。
    • 中足先端なのでEX竜巻が連続ヒット。さらに小足から中足まで繋げばキャンセルEX竜巻で超運べる。

ぶっぱEX竜巻

  • ファイア撃ちまくるダルシムには有効。
    • 大Pなどの牽制にカチ合うと負けるが、リターンは大きい。

6中K

  • 当てる距離まで行かないと無意味。中パンは何読み?
    • 当たる距離なら、セビとテレポに注意しながら振っていく。
    • ダルのスパコンゲージ溜まったら前中Kは控えめにする
    • 中パンは使いにくい。
  • 6強Kフェイントでの接近がいいかと思ったが、前ステの方がいいか?


【近距離】

  • ケンのターン! コアコパ関係はいつも通り。でも起き攻め後の展開を考えるとEX波動でもいい?
  • ガードされても確反なしの大足先端距離が結構重要な予感。当たり前か。
  • セビバクステなどでちょい離されたら、飛ばずに6中Kか様子見→移動投げなど。
    • 間を見せた際に暴れるかどうかを見て癖を掴む。
      • 短い方の小K(ローキック)で暴れる相手には小昇龍で狩ってあげたり。
  • セビ当ててフルコン狙えるケースはあるのか?
  • バックジャンプで逃げる相手への対策は?


【画面端での攻防】

追い込んだ!

  • この間合いでは下手にめくりにいくよりも端キープで状況有利を取っておいた方がいい場合が多い。
  • 移動セビダッシュか前中K辺りで接近。
    • 癖が読めたら飛び込みや、弱昇竜、セビアタックでさらに端まで追い込む
    • テレポ逃げされても執拗に追いかける。 
  • 後ろ投げ警戒のしゃがグラ大目で小技からヒット確認コンボ
  • 中足>波動>セビダッシュが有効。ガードされても攻め継続、ヒットしてたら>アッパー昇龍などでピヨリーチ。


追い詰められた!

  • 飛ばない。スラで潜られたり見てから裏テレポされる
  • ぶっぱ裏テレポされたら昇竜からめくって、もっかい端に持っていく。
    • ウルコンあるなら強昇竜セビキャンぶち込んでスッキリする
  • 前歩きからのBJ大P(中段)も狙われやすいので、頭の片隅にでも置いておく。


【空対空】

  • 特になし。強いて言えば、空中竜巻でのタイミングズラしぐらいか。


【地対空】

  • 対空自体は中昇竜で安定するが、そもそもダルシム側は地上戦やった方が有利なので滅多に飛ばない。
    • 飛んだとしても、テレポがあるので「対空誘い→テレポで回避→着地にウルコン絡めコンボ」なんてのもある。
  • 遠距離で前ジャンプされたらセビダッシュ>(空中テレポ確認)セビダッシュで間合いを詰められる。
  • ズーム系は判定がそこまで強くないので屈大Pでお手軽対空も。相打ちしてもダメージ勝ちできる。


【空対地】

  • 「接近したいから」といって膝で落ちる間合いで飛ぶのは基本NG(ダルシムの4中K・4強Kは非常に高性能な対空)
    • ある程度以上のレベルの相手だと、この間合いでの飛びはほぼ100%落とされる。落とせない相手なら飛んでおk。
    • 何度も飛んで試したけど正面からダルシムの頭狙いは全部落とされる。
  • ファイアを嫌がって飛んだ場合、大概はズームハイキック(立ち強K)やヨガ膝(4強K)や4中Kなどで落とされる。
    • タイミング次第ではズームハイキックに早出し気味のJ強K、中Pが勝つ → 上から太ももあたりを蹴るパターン。
    • たまにJ中Pでの空対空もあるが、これはもう完全に飛びが読まれているパターン。地上戦やろうぜ!
  • 近距離からめくりを狙いにいくとスラでくぐられやすい。J弱Kや着地昇龍などで。


【起き攻め】

  • テレポ逃げが非常に厄介で、起き攻め拒否に近い。
    • テレポを見越して地上起き攻めメインでもいいかも。
  • 飛びから仕掛ける場合はテレポ逃げも織り込み済みにしておく事。飛びスカ時の入れ込み竜巻も有り。
    • テレポされたのを確認し、6中Kでの接近や前ステで追い詰める必要がある。


【被起き攻め】

  • 最低空テレポが強い。
  • ファイア重ねからのテレポ→裏周り+中段or下段がメイン。
    • 癖読み必須? ゲージと体力残量、あとは立ち回り癖を読むだけか。
  • 起き攻めでのUC重ね(削り殺し狙い)→裏周りテレポ中段に神龍(読み必須)


ピンポイント攻略

【のびーるパンチ(大P)連発への対処】

  • 大P先端間合いでは 「ガード」「セビ」「弱昇龍」 以外の行動は潰されやすい。特に無意味な前歩きは相手に塩を送るのに等しい。
    • 一発ガードしてからセビLV1ぶっぱ
    • ガードしてからすかし飛び
    • セビで取ってダッシュで接近
    • 相打ち上等の2中Pと弱昇竜
    • 一発ネタかつハイリスクハイリターンの神龍
セビLV1を何度も見てから試したけど次の大Pに確定しないので、置きセビLV1を見せて連続で振らせないよう抑止。
波動は先出ししてない限り潰されて終了。

【対空食らった後の対応】

  • 無理に暴れない方が無難か。
    • 着地に「スラ→投げ」がある模様。しゃがグラと昇竜を使っていくべきか。
    • また、BJ大Pでの中段も狙われやすい。要注意。
      • 投げ潰しに神龍狙うのも面白いか。


【スライディング】

  • 中足先端(≒大足先端間合い)では、スライディングは当ててもダル側不利になる事が多い。
    • 近距離スラ対策としては、ゲージ溜まっている時以外は密着気味で戦えばOK。
    • 遠目から持続当てで差し込めまれる方がやっかいだが、この距離なら中足で相手の立ち中Kと立ち大Kをすかしながら反撃可能。
      • しかも差し込みから「状況確認中足EX竜巻」で一気に画面端につっこめる。非常に美味しい


【割り込み確定ポイント】

  • 起き攻め近距離ウルコンに対して、暗転中に自分側がウルコンコマンド入力で確定。
  • ↑は自分が起き上がる直前の場合のみ、神龍遅いとガードされる。
    • ウルコンゲージない場合EX昇竜でもOK。
      • 中下段の2択拒否にもなる。が、ダルに4ゲージあってガードされたらミスを祈ろう。


【必殺技対策】

【ヨガファイア】

  • 基本牽制。ゲージ効率高いけど、途中で消える。打ち合いはリターン薄め。
    • ダル側の硬直が少ないので、相手の垂直ジャンプやセビなどに合わせて技を振ることが出来る。
    • 対策としてはガードが安定する。しかし押し戻されるためにちょい辛い。最速セビステが安定か。
    • 距離によっては竜巻で抜けられる。相手と画面よく見ろ。


【ヨガタワー】

  • 避け+投げすかし。竜巻で潰せるが、移動投げを潰されると厄介か。
    • タワー見てから昇竜ぶっ込めないかコレ? 最速でキャンセルだと昇竜が間に合わない?


【ヨガテレポ】

  • 立ち回りでの低空テレポに関しては反応昇竜がベスト。またはコパンで落として攻め、ダメージ重視で屈大Pで落とすのもおk。
    • テレポした瞬間にバックジャンプが安定か?
    • ちなみにテレポ後の判定は弱く、2弱・中Pでダルシムの攻撃を止めれる。
  • 攻めている時の逃げテレポに関しては、読み込みで前中K、前ダッシュなどで追いかけてプレッシャーを与えたい。


【参考資料】

4月3日 中野TRF ストリートファイターⅣ大会part.1‐ニコニコ動画(ββ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6659733
2/28 熊谷マジシャン ストリートファイターⅣ 2on2大会 A1‐ニコニコ動画(ββ)(4:24~)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6547983
3月8日 中野TRF ストリートファイターⅣ中級者大会part.5‐ニコニコ動画(ββ)(3:11~)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6416263