STREET FIGHTER IV Wiki

ケン 対バルログ

立ち回り

総合

  • ロングリーチのバルログに対して、いかに中足、しゃがみ中Pを差し込んで押し切るかというゲーム。
  • ある意味ダルシム戦と同じメンタリティで。

【立ち回り】

【全般】

  • 6中Kの先っぽが当たる間合いをキープしつつ、中足メインでにじり寄る。

【開幕】

  • 様子見安定。
  • 気分が乗ってるときは開幕昇竜 / しゃがみ中Pも面白いかも。
  • 2R目以降で相手に1ゲージ以上ある時はぶっぱEXバルセロナだけに注意。

【接近方法】

  • 爪や足の空振りに差し返しレバ中K。
  • 牽制を読んで飛び込む。


【飛びについて】

  • バル側の対空は昇龍系やダルの膝、バイソンのアッパーの様な頼れる地上対空手段がないのをまず理解する。
  • 主な対空は空中投げ、バックジャンプ爪、早出しテラーなど。
    • つまり多少の有利フレーム(技の隙など)が取れればある程度飛んでしまっても構わない。
    • ある程度以上のレベルの相手にぶっぱ気味の甘えた飛びはさすがに落とされるのでNG。
      • どうしても飛びたいなら地上戦を散々見せてから飛ぼう。

【ダメージが取れる飛び方】

  • めくりEX空中竜巻と表J大Pで択る。

【気をつけた方が良いこと】

  • バルセロナは空中で逃げないで寄って来たのを確認して 引き付け両対応中昇竜 で。
  • 万が一昇竜がスカってもバルログ側の硬直があるからノーリスク。
    • 完全にリスクがゼロなわけでもない。狙ってスカされると大スラや屈中爪など喰らう。
  • 3大Kは基本投げ返し。スカりそうならしゃがみグラップからコパ確認大昇竜。
    • 立ち投げ抜けにはバックジャンプ大爪で刺されたりと微妙な読み合いポイント。昇龍も選択肢に入れておこう。
  • クリスタル削りはゴロ~爪間に割り込み大昇竜2セビキャン神龍を入れておく癖がある事。
    • 中ローリングはゴロ~爪部分に隙間(連続ガードにならない)箇所があるらしく、ガチャ昇龍が確定。ただ、使ってくる相手はほぼいない。
    • 他にも当たり方次第では隙間ができる事もあるかもしれないので、とりあえず入力しておいて損はない感じ(セビキャンできるのは爪部分だけ)

【距離別立ち回り】

【遠距離】

  • 常識だが相手のウルコンゲージ溜まってた&後ろ溜めが完了してたらどんな状況でも波動は撃たない。見てから余裕で確定。
  • ぶっぱEXバルセロナ対策に立ち弱Pを連打しておく。
  • 相手がしゃがんでなければ波動で牽制、弱昇龍でゲージためくらいしかすることがない。
  • ラウンド後半ではEXハイクローでめくりを狙われやすいので、それでトドメを刺される状況だったら十分警戒しておく。

【中距離】

  • 飛びこみに昇竜が届く位置を間違えて振らされない事
  • 6中Kがスカる間合いをキープしたがってたらちゃんと意識して波動を打てる事
  • 各種爪、立ち中K、立ち強K辺りでチクチクされる間合い。
    • 大抵こちらの中足が届かないので、屈中Pで殴り返したり立ち弱Pジャブで手足を殴り返す。
      • 大人しくなってきたらやっとレバ中Kが振れるようになる感じ。
    • 立ち強Kはベガのそれに近い使われ方で、ジャンプ防止にもなる技。中~近距離で飛ぶとひっかかりやすいので注意。
  • ぶっぱ気味のソバット(6大K)やスラ(ジャブ連打してると刺さる)も頭の片隅に。
  • J大爪とJ大Kが下方向に長く、飛びが意外と速いので対空昇龍は早めに反応したい。

【近距離】

  • 主に屈弱爪から固められる。連携パーツは屈中爪、ソバット、移動投げ、ローリングでの削りなど。
    • ケンより間合いは狭いが 移動投げ が歩きの早さも相まって厄介。グラップはいつもより1~2回多く仕込んでおこう。
    • それと対になる選択肢の グラップスカしソバット もあったりするので、要所要所で強気の逆2択昇龍も大事。
  • こちらが攻めている時は特に恐れる要素もないのでいつも以上に強気でおk。
    • 甘い間合いでの中足波動だけは注意。EXテラーやEXローリングで抜けられておいしくない。
    • バクステがなかなか高性能で、バク転より厄介。あまり露骨にしてくるようなら一点読み移動大昇竜>セビキャンもありかも。

【画面端での攻防】

追い込んだ!

  • ハメ殺す。

追い詰められた!

  • 空中投げを狙われやすいので意外とめんどくさい。固めが甘いようなら地上から押し返していくのもあり。
  • ここでの甘え弱昇龍はやや愚策かと思われる。強力な崩し手段がないのでそこまで追い詰められた立ち回りを反省しつつ謙虚にチャンスを待とう。

【空対空】

  • するよりされる事の方が多い。読まれやすい飛び、不確定状況の飛びは程々に。

【地対空】

  • 屈強Pはほぼ潰されると見ていい。安定の中昇龍で。

【空対地】

  • 立ち強Kもそこそこ判定が強く、早出しで落とされる事もなくはない。
  • そもそも落とされるような飛び方をしない。

【起き攻め】

  • 飛び込むタイミングが甘いとEXテラーで落とされる事もあるので、セットプレイはしっかりやろう。
  • バク転されても驚かないで着地硬直を取ればおk。

【被起き攻め】

  • 起き上がりに6大Kで裏まわられそうな時は昇竜や投げとかでやらないでバックダッシュ推奨。
    • ソバット裏周りからの主な選択肢。相手の使用頻度に応じて対応すべし。
      • 投げ :ガード読み。
      • 小足>EXバルセロナ :暴れ、ジャンプ読み。リターン重視のヒット確信っぽいので、ガードできたらラッキー。
      • バックジャンプ強爪 :立ち投げ返し読み。
      • バクステ :昇龍読み。

ピンポイント攻略

【】

【】

【】


【割り込み確定ポイント】


【必殺技対策】

【EXバルセロナ】

  • スト4のバルログを象徴する技。というか生命線。これは 高速の突進技 だと思って対処したい。
  • 中~遠距離でのぶっぱは 立ちコパン連打で落とせる 。よっぽど連打が甘いか噛み合わない限りは喰らわない。
  • 仕切りなおし直後にぶっぱされるケースもあるので、怪しい間合いだったらガードしておこう。リスクはほとんどない。
  • めくりバルセロナアタック/イズナドロップ関連(ノーマル版含む)は上記【気をつけた方が良いこと】参照。

【EXハイクロー】

  • これも移動スピードが速く、咄嗟に出されるとまず反応できない。バルログ最後の一手。
  • 主にめくりで刺すのに使われる。地味に弾抜け性能もあるでの甘え波動は自重しよう。
  • 端~端で光って飛ばれた時にファジーガードで対応できるかは不明。

【ブラッディハイクロー(ウルコン)】

  • 波動抜け専用 の技。ゲージ溜まったら(以下略)
  • ガードしたら 飛びからコンボ確定 なので、レバ中Kなどの安い反撃はおいしくない。
    • ぶっぱされたら分からせてあげよう。

【参考資料】