STREET FIGHTER IV Wiki

ケン 起き攻め

【背負い投げ(移動投げ含む)から】

飛び

ジャンプする前に歩き/後ろ歩きをして間合いを調節をすることで、めくるかめくらないかを決定。(前投げからは約半歩下がりからの前Jがめくれる間合い)

めくりJ中K

  • 基本中の基本。
    • めくりがヒットしたらそのまま屈中パンでヒット確認して昇龍拳などをブチ当てる。

めくりJ中K…と見せかけて着地投げ

  • フェイントその1。ダメージは安いが、起き攻めをもう一度迫れる上にセビも潰せる。
    • 当たり前だが、リバサが強い相手(ガイルや春麗あたり)には厳禁。
    • またしゃがみグラップで抜けられてしまう。

めくりJ中K…と見せかけて着地屈小K!

  • フェイントその2。いつものコアコパコンボを狙おう。すかし下段。
    • 表着地、裏着地も使い分けよう。

めくりJ弱K

  • フェイントその3。
    • 中Kに比べて表裏が見切りづらい?
    • 着地後に投げを入れる相手が多いので、屈弱Kがヒットしやすい。

めくりJ中K…と見せかけて着地昇龍拳

  • フェイントその4。
    • フェイントその1の着地投げを見せておくと非常にヒットしやすくなる。
    • 弱昇龍拳ならばでかい反撃を受けづらい。強昇龍拳ならばガード確認でEXSAバックダッシュでノーリスク。
      • 神龍拳が出せる状況ならば、強昇龍拳からEXSA前ダッシュ狙おう。相手のグラップにカウンターヒットが狙いやすいため、神龍拳のクリーンヒットが望める。

明らかな正面ジャンプ攻撃…と見せかけてめくり空中EX竜巻旋風脚

  • フェイントその5。
    • どう見ても正面の飛び込みからめくりに行ける。非常にヒット率が高い。
    • 高速すぎてヒット確認しがたいが、ヒット後は中足や神龍拳に繋げる事ができる。
    • ガードされても小足に繋いで固められるのが最大の長所。
      • めくりEX竜巻をヒットさせまくった後に、正面ジャンプ攻撃を出してみるのもよい。

地上

弱竜巻(すかし)→裏周り起き攻め

  • イチケンの得意ネタ。リバサが弱い相手向き?
    • 後ろタメを解除させる事ができ、該当するリバサ無敵技が強い相手(ベガのEXサイコ、本田のEX頭突き、バイソンのEXダッストなど)の選択肢を狭めて読み合いを有利にさせる事が可能。
    • 中段である4中Kを叩き込むと面白い。

投げ

  • 単純だけど必要。

スライド投げ

  • しゃがみグラップ漏れの通常技の外から吸うのも有効。
  • 前後にうろうろ歩きつつ遅らせ気味に投げるのも◎
    • リバサをすかしたら中パン強パンEX昇竜コンボで痛い目をみせる。
    • なにもしてこなければそのままスライド投げ。
      • グラップ狙いのコアシ>みてからスライド投げが可能。
      • リバサ多めの相手にはこれ。2、3回決めるとリバサがなくなってやりたいほーだい。

屈弱K>屈弱P

  • 投げと対になる下段ヒット確認。

遠めから波動拳重ね

  • とりあえず近づきたくないキャラには。効果は微量だが確実に相手の体力を削れる。
    • ただし、相手キャラが波動拳をすり抜けてくるウルコンを持っている場合は注意。
      • 常に相手のリベンジゲージに気を配っておき、使用可能になったら波動拳を撃つのは控えよう。

【地獄車(後ろ投げ)から】

投げ硬直が解けたら 「最速前ダッシュ→最速or数フレーム待ってから前ジャンプ」 で詐欺気味のめくりジャンプができる。
  • そこからは上記の選択肢(正面ジャンプ以外)で攻めよう。
  • 画面端に追い込んだ場合は前後歩きでタイミングを計ってから飛ぶ。

【大足払いから】

大足が刺さったら 「一瞬歩き(約半歩ないくらい)→前ジャンプ」 で正面詐欺気味の飛びができる。間合いの関係上(近い距離で大足が確定するような隙があるならコンボにいったほうがいいため)、めくりにくい間合いからの飛びになる。
  • そこからは上記の選択肢(めくり系以外)で攻めよう。
  • 昇龍持ちには空ジャンプ→ガードやバクステなども。
  • 近めならEX空中竜巻でめくりにいけたり。


【扉式起き攻め】

仕組み

  • ジャンプのタイミングを変えることによって、「 「めくるかめくらないか」「表か裏か」が変わる 」という起き攻め。
    • ガード方向が表か裏かが分からなくなり、また中下段のどちらかが判別しづらいために相手を崩しやすい特性を持つ。

端投げから

  • 前J→裏落ち()
  • 歩いてから前J→表落ち(着地)
  • 歩いて待ってから前J→表J攻撃(単なるJ攻撃)
  • 歩いて待ってから前J→めくりJ攻撃(J中K)

技チョイス

  • 表J攻撃→J大K(中段J攻撃)
  • 裏J攻撃→J中KorJ小K(J小Kは下方向への攻撃判定がある中段、J中Kはめくりになる中段)
  • すかし下段→小足(下段攻撃から繋ぐ)

メモ

  • 小足からは大竜巻あり(小足が下段判定なんで小足がヒットする場合は相手は立っている状態=キャンセル大竜巻が当たる)
    • J攻撃or小足がヒットしていた場合、大竜巻が確定する。よってヒット確認してからの大竜巻は超重要。
  • めくる場合はJ攻撃からコアコパ刻み大昇竜→ダウン相手を再度めくっての起き攻め継続があり。


【ネタ】

すり抜け起き攻め

やり方

昇竜始動
  • 昇龍系を当て、倒れている相手に密着する(相手がクイックスタンディングしたら失敗)
  • 相手の起き上がりに合わせて前ステップ(画面端でも可能)
背負い投げ始動
  • 背負い投げをして、前ジャンプして相手の倒れてる足を自キャラの方に向けます
  • 相手の起き上がりに合わせて前ステップ

説明

  • 起き上がりに跳ね上がるようなモーションをするキャラ限定。
    • バルログ、本田あたりは狙いやすい? サガットは難しい。
      • ケン、ガイル、ダルシム、フォルテ、アベル、豪鬼(元、ダン、さくら、フェイロン、ゴウケン)も可能?
    • 起き上がりで一瞬ジャンプして浮いてる瞬間は接地判定が消えるっぽく、そこにダッシュがめり込むとワープする模様。

垂直ジャンプからのEX竜巻(下降し始めずらし押し)

説明

密着付近での垂直ジャンプからの奇襲。見てから簡単に落とされるので注意。
多段ヒットさせる事により初段ガード後にしゃがむと立ち喰らいポーズで二段目以降がヒットします。
EX空中竜巻はずらし押し推奨。同時押しのEX空中竜巻より多段ヒットしやすく、ヒット後の近強Kがヒットしやすい。
基本2ヒットだが、一部のキャラは3ヒットする。
3ヒットするのは サガット>ザンギ>バルログ、アベル>ヴァイパー、ルーファス、フォルテ
サガットはかなり安定して3ヒット、ザンギ以降は距離・高度によって変化する。

狙い所

  • 昇龍拳ヒット後、相手がクイックスタンディングしなかった時
  • 前投げ>弱竜巻裏回り後
  • EX竜巻ヒット後の択

対応キャラ

  • ザンギ サガット バルログ ヴァイパー アベル ルーファス フォルテ
    • 3ヒットする
  • ガイル ダルシム ベガ 等は「垂直ジャンプ見てから、ありえない行動をした場合」にのみヒット
    • あり得ない行動とは、「ケンにまず当らない攻撃を出して無理矢理喰らい判定を大きくしてくれた時」のこと
具体的には、
  • ガイルが、弱K、4弱K、6中P、4中K、4強K、3強Kを出す
  • ザンギが、ケンのジャンプの頂点でダブラリを出す
  • ダルシム、3弱Pを出す
  • ベガが弱K、中Kを出す
などの行動。