※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■谷垣に中国人女性『買春』疑惑

「小泉以降」にも重大な影響を与える超弩級のスクープといえよう。『週刊文春』
(12月8日号)の「谷垣禎一財務大臣 中国人女性『買春』疑惑」。
カタブツで恐妻家、マジメ人間といわれる谷垣財務大臣がこともあろうに中国で
買春していたというのだからただごとではない。中国の公安当局が、有力政治家や
財界人に女性を近づけ、関係をもったところで脅して、中国側の言いなりにさせる。
その女性たちは全員工作員--。政財界ではよく知られた話で、親中派といわれる
某政治家などもその弱みを握られているのではないかと噂されている。
谷垣財務大臣もまた中国公安当局の工作にはまったのか?
『文春』が入手した「中国駐在商社員等に対する摘発・国外退去事案(情報)」
リストによると「事案」は1~11までの数字が打たれ、具体的なケースが記載されて
いるという。摘発機関は中国公安部、被摘発者は谷垣禎一衆議院議員で事案の概要は
こんな具合。〈宿舎の「西苑飯店」のディスコで親しくなった女性を自室に連れ込み、
約1時間して女性が出た後、公安部から呼び出され、ホテルの一室で取り調べを受けた〉
事件が起きたのは1988年4月。谷垣禎一議員が北京で開かれた「第4回日中民間人会議」
に出席したときのこと。『文春』は日本側参加者56人中、亡くなっている
13人などを除く34人を含め、徹底的に周囲を取材。詳細はお読みいただくとして
記事は、日中関係への影響にまで踏み込んで実に行き届いている。
谷垣大臣はもちろん全面否定。「説明責任は一切ない」との回答に記者が食い下がると
「断固! 断固、否定いたします!!」と大声で叫んだというが、まるで説得力がない。(『WiLL』編集長)
ttp://www.sankei.co.jp/news/051203/boo010.htm