※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本の雇用調整が難しい理由
これは日本の終身雇用とも関わりあいのある点だと思う。もちろん日本固有の考え方や文化という点もある。というより、それが非常に大きなウェイトを占めている事は疑いようがない。
しかし、この点の源泉とも言える事実もある。それは日本という国が単一民族国家だという事だ。もちろん、古来からの正統として位置づけられている大和人の他にもアイヌ人や在日朝鮮人など多くの人種が住んでいる。しかし、他の国に比べて人種問題等がこれまで問題にならなかった事からも分かる通り、その割合は非常に少なく、単一民族国家といってよい。極論、日本には日本人しか住んでいないという状態である。
その中での雇用は難しい。なぜなら、首を切る対象を決める事ができないからだ。アメリカにおける黒人や他の国での虐げられる対象としての一民族が日本にはいない。立場の違いはあるとして、人種としては同格である。
そして、首を切る立場にいる人はその対象を容易には決定できなくなる。先に述べた通り、これ以外の理由も多くある。しかし、一つの理由にはなっていると思う。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|