※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観


20世紀に発見された特虚の力は人類の生活を一変させた
特虚の古文書に記された請求項がより強く、広く、大きいものが
現実の世界でも巨大な力を得ることができるのだ。

特虚の力は人類にふたたびの悪夢をもたらした。
二度の大戦を経て日本は大陸と陸続きになるほど地形が変わり、
紛争はもはや限界をみた。

しかし、法廷システムの復活により、特虚の力は法廷内に
制限される事になった。そこは請求項の力が現実のものとなり、
力と力をぶつけあうバトルフィールドと化したのだ
富士の裾野に設けられた巨大な闘技場こそ日本の最高裁であり
請求項の力を現実化させて戦う彼らこそ、が本作の主人公たちである。

しかし、人類は特虚の力を忘れ去ったわけではない。
世界征服をたくらむ巨大資本は再び法廷システムを瓦解させ、
現実を請求項の力で蹂躙する事を目論んでいるのだ。

今また、法廷に裁判長の木槌の音が響く。

特虚とは

  • 特虚とは、特別虚数空間の略称である。
  • 特虚は各自治体に設置されているHOUTEIシステムからアクセス可能な半仮想世界である。
    また、HOUTEIシステムは全世界規模で管理されている。
  • 特虚空間を現実の空間に変換する際に、特虚エネルギー(TE)が大量に発生する。
    現実世界においてはTEは電力、放射線、その他の危険なエネルギーに変換されるが、
    請求項と呼ばれるTE吸収、変換の性質を持った存在を変換時に介在させることにより、
    TEを請求項の動作エネルギーとして吸収させ、なおかつ請求項を通して、
    安全なエネルギーに変換することが可能になる。

請求項とは

  • 特虚の存在を人類に知らしめた古文書「六法全書」に記されている存在。
    特許の力が正しく使われているかどうかを見守る神として記されている。
    また、その偶像の製法も合わせて記されており、古代では特虚と請求項は
    密接な関係があったと考えられている。
  • 過去の空間変換実験において、変換の実行中に請求項の偶像をデジタイズしたデータを
    媒介させた(現代ではインタラプトと呼ばれる)時のみ、変換事故が発生しなかった。
    このため、現代ではTEを使用する際は請求項の偶像をインタラプトするのが常識となっている。
  • 現在、請求項と呼ばれているのは全て請求項の偶像のコピー品であり、用途によって、
    性質を変化させられている物がほとんどである。
  • オリジナルの請求項は神・大王堂と呼ばれるが、実際に存在するのかどうかは不明。
    また、古文書の記述どおりにG博士により復元された最初の偶像「醍応奴」は、
    ちくわの岡本社により独自改造され、兵器として運用可能となっている。