個人メモ@wiki 平和と民主化への動き

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.平和と民主化への動き

(1)第二次世界大戦後の世界

  • 3つの世界
    • 西側諸国(アメリカ中心)…資本主義
    • 東側諸国(ソ連中心)…社会(共産)主義
    • それ以外…アジア・アフリカなど、旧植民地
      →1945~1948 アジア各国が独立

  • 1945国際連合(国連)成立
中心期間…安全保障理事会(安理保)
→米・英・仏・ソ・中が常任理事国

(2)日本の占領と民主化

  • 連合国総司令部(GHQ)による占領
    • 最高司令官…マッカーサ
    • 治安維持法の廃止
    • 20歳以上の男子に選挙権

  • 経済の民主化
    • 財閥解体→1947独占禁止法
    • 農地改革…地主から強制的に農地を買い取り、小作人にやすく売り渡す。

  • 教育制度の改革…1947教育基本法 6334制
  • 労働者の保護・・・労働組合法・労働基準法
  • 日本国憲法の制定
    • 1943.11.3 公布→1944.5.3 施行
    • ''国民主権・基本的人権の尊重・平和主義
    • 天王は日本国および日本国民統一の象徴

(3)冷たい戦争(冷戦)

  • 米・ソを中心とした、戦火を交えない対立
    • ドイツ分割・・・西ドイツ(アメリカ側)・東ドイツ(ソ連側)
    • 1949 北大西洋条約機構(NATO)・・・アメリカ中心の軍事同盟
    • 1955 ワルジャワ条約機構…ソ連中心の軍事同盟(NATOに対抗)

(4)変化する中国

  • 1949中華人民共和国成立…中国共産党(毛沢東)
    ※国民政府(蒋介石)は台湾に移る

(5)朝鮮半島(1950~1953 休戦協定)

  • 1948 朝鮮半島を二つに分断
    • 大韓民国(韓国)――アメリカの援助
    • 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)――ソ連の援助
  • 1950 韓国軍(国連の支援)と北朝鮮軍(ソ連が支援)が衝突
  • 1953 北緯38゜付近で休戦

(6)日本の独立

  • 朝鮮の日本への影響
    • 好景気となる→復興が進む
    • 同時に、日本安全保障条約を結ぶ
  • 1956 日ソ共同宣言
ソ連との国交が回復し、日本は国連加盟