個人メモ@wiki 大量消費社会の出現
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.大量消費社会の出現

(1)経済の動き

  • 1950年代~高度経済成長…電化製品の普及
    • 1950電化元年…三種の神器(洗濯機・冷蔵庫・テレビ)
    • 1960後半…3C(カラーテレビ・自動車・クーラー)
  • 現在・・・低成長→大量消費社会から循環型社会へ

(2)食生活の変化

  • 食卓の変化
    • 1958 即席ラーメン
    • 1965 2ドア冷等冷蔵庫と家庭用電子レンジ
      →冷凍食品・レトルト食品・まとめ買い
    • 1970年代 外食産業が発達

(3)情報社会(IT社会)

  • コンピュータの誕生…約60年前
    • 情報社会
    • インターネット
      →情報の迷路・個人情報の管理

(4)アジアとの関係

  • 日本の輸入先第1位…アジア
    • 衣類
    • 100円ショップなどの安い商品
    • パーム油の輸入…アイスクリーム・スナック菓子・口紅・洗剤類
      →マレーシアの熱帯林が急激に減少

(5)国際社会

  • グローバル化…世界を一体化する動き
    • 国境を越えた市民の活動
      • NGO…非政府組織
      • NPO…非営利組織
    • 多文化社会…さまざまな人や文化が共存(共生社会)