※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クライアント側

MBCasterを起動し、2を入力し、続いて接続先のIPを入力すれば接続できます
先に誰か接続している場合は観戦モードになります
相手の状態を知るためには5を入力し、次に相手のIPを入力します
Phaseの項目がBattleの場合は対戦中です。どのキャラクターで戦ってるかも出てきます
Phaseの項目がDefaultの場合は募集中です

ホスト側

※UPnPCJを使わなくても大丈夫な方は飛ばして下さい
※UPnPCJを使ってもポート開放できない場合もあります
まずUPnPCJ(http://umemasu.hp.infoseek.co.jp/upnpcj/)からUPnPCJ122.exeをダウンロードします
UPnPCJ122.exeを実行し、設定ウィザードをキャンセルします
デスクトップにできた[UPnPCJ (手動開放)]のショートカットを起動し、WAN_PORTを7500、PROTをUDPに設定しPort開放ボタンを押すとポート開放されます
ルーター情報ボタンを押し、右下に7500を入力し、ポート開放テストボタンを押すとポートがちゃんと開放されているかのテストが行われます
テストに成功しましたと表示されれば成功です
ポート開放が終わったのでUPnPCJを終了して下さい
ポートを閉じたいときはさっきと同じ設定でPort閉鎖のボタンを押すと閉じられます
あとはMBCasterを起動して、1を入力し、相手に自分のIPを教えて相手が接続してくるのを待ちます
自分のIPはCyberSyndrome : ENV Checker(http://www.cybersyndrome.net/evc.html)のREMOTE_ADDRの項目です