※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前書

現在ここに記載されているルール、マナー、舐め等はこれが確かであるとは保障できません
ここに記載されているルール、マナーなどは、基本的に募集文に記載されているものに上書きされます

MBAC、MBCasterの仕様(多少ルール、マナーも含む)

  • キャラクター選択の時に、相手が最初カーソルを一周させたように見える事がありますが、相手は実際にはそんな操作は行っていません。仕様です
  • 上記はPCのスペックの差でメルブラの起動タイミングがずれているため起こるのだと思われます。カーソル1周が見えたら相手側もキャラセレクトの画面に入ったということです。しばらく待ちましょう
  • ランダム選択をする際に、相手と同じタイミングでランダムを選択するとキャラクターが被ります。双方ランダム戦をする場合は最初にどちらが選ぶかを決めておいた方がいいでしょう。ちなみにランダムを選択すると相手側からは普通にカーソルを動かして選んでいるように見えます。実際には選んでいるわけではないので気にしないようにしましょう
  • ステージは1P側のみ操作できます。一番軽いのが遠野邸ホール・夜、逆に重いのが不思議な不気味な猫の王国と、いまは滅び去った王国の詩(両ネコステージ)と言われています。特に理由が無い場合は遠野邸ホール・夜にしておけば問題ないと思います
  • 開幕前の各キャラの台詞があるシーンはボタンで飛ばせますが、飛ばした場合ズレが生じやすいという報告もあります。飛ばしても問題無いようならいいですが基本は飛ばさないようにするとリスクが減ります
  • 試合後の操作はお互いができます。お互いが操作して混乱を招く恐れがあるので募集文に「操作お任せ」等を書いてそれを回避することをお勧めします
  • 対戦を終了し、接続を切るときは一旦キャラクター選択画面に戻ってからBボタンを押して切断してください。この操作を行わない場合、お互いにファイルが壊れる危険性があります。これをせずに強制終了させる人はとても嫌がられます。ただ、回線の問題やエラー等によっても突然切れてしまう場合があるので、すべてが故意の強制終了ではないということを覚えておいてください。

ルール、マナー

  • キャラクター選択にありえない程の余計な時間をかけたりすると時間の無駄になります
  • ステージ選択画面でBボタンを押して、何回もキャラクター選択画面に戻したりすると相手に迷惑がかかります
  • 試合後のCharacterSelectとOnce Againの操作権は募集文に従いましょう
    • 操作権を持つ側は「CharacterSelectを選択」「Once Againにカーソルを合わせる」のどちらかを行います
    • 操作権を持たない側は、相手がOnce Againにカーソルを合わせた場合、Once Againに「同意するならOnce Againを選択」「同意しないならCharacterSelectを選択」のどちらかを行います
    • つまりお互いがOnce Againに同意した場合のみ再戦を行うことになり、どちらか(または双方)がキャラクターを変えたい場合はキャラクター選択画面に戻ることになります
    • 操作権を持たない側がCharacterSelectを選択したいからといってAボタンを連打していると、相手がこちらよりも早く下を押しOnce Againに合わせてしまって再戦。ということになりかねません。が、操作権を持つ側の人はワンテンポ置いてからOnce Againにカーソルを合わせることが多いので実情ではそうでもないようです
  • 特に毎回キャラクター選択画面に戻る事などが募集文に書かれていない場合は、CharacterSelectを選択しておきながら選択した側がキャラクターを変えない、という事はしないようにしましょう。相手もキャラクターを変えない場合、ただ単に時間の無駄になるだけです(気を利かせて変える人もいます)
  • ラグが多い、レベルが合わない等で「この相手とはやりたくないなぁ」と試合中に思っても最後までしっかりプレイしましょう。そしてキャラクター選択画面に戻ってから切ってください。

挨拶としてする事が多い行動

  • 開幕前
    • 1回しゃがむ
    • 1回避けをする
  • 開幕後
    • タバコ挨拶

※タバコ挨拶とは
ネコアルク・カオスで3を入力すると持っているタバコの辺りに攻撃判定が出ます。それを相手に任意の回数当てて挨拶代わりとするものです
タバコの攻撃力は10で、体力は10000なので挨拶に応じたとしても大した痛手にはなり得ません
挨拶を受ける側はネコアルク・カオスの近くに行き、ただ単にタバコを当てられるか、シールドするか、ガードするかで挨拶に答える場合が主です
ネコアルク・カオス同士ならお互いに当て合ったりもします
挨拶後はお互いに一旦引いてから試合を始めるのが一般的なようです
注意事項としては、これは開幕後の挨拶となるのでお互いに攻撃が可能な状態での挨拶となります
そのため、挨拶をすると見せかけて攻撃したり、挨拶に応じると見せかけて攻撃したりする人もいます
しかしこの挨拶は試合が始まってからの上、強制力は皆無なのでそういう事をされても相手を批難する権利はありません
もしやりたくない場合は始めから下がっておいたほうが無難でしょう
別に裏切られてもいい、という心の余裕さえあればタバコ挨拶をするのもいいかもしれません

挨拶は最初の対戦の1ラウンド目のみというのが多いようです
毎ラウンドやってもあまり意味がないですしね
onceを数回やったあとキャラ替えした後の1ラウンド目というのもやっている人はいます

挑発、舐めと誤解されやすいもの

以下に書かれているような事をしたとしても、舐めでは無い場合があります。避け連打はボタンの入力確認、ステップの繰り返しはウォームアップなど、様々な理由でやる人もいます。もし特に必要性が無いのであればやらない方が相手に不快感を与える可能性が少なくなるという事です。その点をよく理解し、考えた上でお読み下さい
  • 開幕前
    • 避け連打 ※避け1回は、挨拶と受け取る人と舐めと受け取る人のどちらもいますので注意
    • 七夜志貴での急降下を連続(J22) ※RB補正がかかるため、お前には補正をかけて攻撃力を下げても勝てる。と受け取られる場合があります
    • 前ステップと後ステップを繰り返す
    • 主にネコアルク、ネコアルク・カオスでダッシュ、急停止を繰り返す(純粋に挨拶代わりの場合もあります)

※初戦の1ラウンド目の場合は挨拶だと思われます

  • 開幕後
    • 体力がMAX時(またはそれにすごく近い時)の開放(ただし、特例として琥珀の場合は2222Cを使うためにあえて開幕開放を狙うネタもあります)
    • 反撃確定しやすい技を状況を見ずにぶっぱなす(例:シエルのセブンスヘヴン、アルクェイドのAD、遠野志貴や七夜志貴のADなど)
    • 主要なボタン(A、B、C)の何れかを一切使用しない ※Dボタン(シールド)は元から使わない人もいます
    • 不必要な避け、シールド等の連打
    • 暴走アルクェイドのAD ※もちろん一つの戦略として使用する人もいます
    • BH状態になってひたすらLAのみを狙う
    • その他無意味or自分が明らかに不利になる行動の連発・連打