少年の嫉妬

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少年の嫉妬 (日本)


一人の少年がいた。
彼は今、嫉妬している。
なぜなら、親が新しく生まれた弟に夢中だからだ。
少年は弟を殺そうと考え真夜中に、親の寝室に入り母親の胸に毒を塗った。
こうすれば、弟がミルクと一緒に毒を飲むからだ。
次の日、母の横で父親が死んでいた。

「どうやって毒を手に入れたのか?」、「肌に毒を塗って平気なのか?」など、疑問だらけの話。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|