死体洗いのアルバイト

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死体洗いのアルバイト (日本)


ゴム手袋、ゴム製の長いエプロンを着て病院の地下に行く。
そこは死体置き場で、ホルマリンが入った浴槽に裸の死体が浮いていた。
浮いている死体を棒で近くによせ、ホースから水を出しながらブラシで洗っていく。
腐臭が強く、シャワーを浴びても臭いが取れなくなった。

 給料は日給で数万~数十万。
 一日三時間以上、この仕事をすることはできない。理由は、発狂してしまうから。

誰もが一度は聞いたことのある話。
はっきり言って、これは確実に嘘だ。
普通、病院で死体を洗うことはない。体を濡れタオルで拭くだけ。
液体につけておいた人間をブラシで磨けば大変なことになる。
医者が死体を横流しして金を稼いでいた事件がある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|