Medical_study_meeting @Wiki お試し
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本当かなって感じですが・・・


眠くなる前に寝るのがコツ 高校生で昼寝の効果を実証

記事:共同通信社
提供:共同通信社

【2005年8月30日】

 昼寝をするなら眠くなってからより、眠くなる前の方が効果的-。久留米大(福岡県久留米市)の内村直尚(うちむら・なおひさ)助教授(精神神経科)らが29日、高校生を対象にした実験結果を発表した。内村助教授は「眠気のピークが訪れる午後1時半以前に昼寝をすれば再び脳が活性化するが、眠くなった後の午後では遅い」と分析している。

 同市の県立明善高で6月1日-7月10日の40日間、全学年の男女約1000人を対象に実験。週1回以上、昼休みに15分間昼寝した生徒208人、同様に5時間目終了後に「午後寝」した149人、全くしなかった595人を比較した。

 「授業に集中できているか」には、昼寝組の61%が「はい」と答えたが、午後寝組の生徒は44%と、昼寝ゼロの46%より低かった。

 「午後、頭がスッキリしている」への肯定的回答は昼寝組46%に対し、午後寝組は38%。「勉強にやる気があるか」は昼寝組が61%だったが午後寝組は49%にとどまった。午後寝と昼寝ゼロはほとんど差がなかった。

 内村助教授は「適切に昼寝をした生徒は成績に対する好影響もみられており、2学期は3カ月以上かけて成果を調べたい」と話している。