(井の中の)蛙 04

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

相当な手間

とあるサイトに投稿するために絵を描きました。

私はタブPCはもちろん、ペンタブすら持ってません。それどこらかスキャナまでない。

そんなアナロガーな私がどうやってデジタル絵を描いているのか、ちょっと紹介してみましょう。


適当な白い紙に、まず鉛筆で骨をかきます。人間とかのポーズは難しいので大体の構図を決めます。

それから、鉛筆で肉付けというか、下書きをします。筆圧が高いので困る。

終わったら無印のボールペンでなぞります。こいつは色が濃くてしかもかすれないからすごくお得だと思うペン。

なぞるときは緊張します。失敗は許されません。ここまで30分ほど。

なぞり終わったら、紙を立てたり重石を載せたりいろいろして、光が反射しないけど全体が明るい、そんな難しい設置をします。

で、200万画素デジカメ。よくいがむので一枚につき相当な枚数を撮ります。

取り込んだら、まず簡単にいらないものを消してサイズを小さくし、上書き保存。

それから、写真の明るさを上げ、コントラストを上げ、線を際立たせるために明るさを下げてコントラストをもう一度あげる。この辺はプロの技。

だいたい白と黒に分かれたら、モノクロ処理をして、白い部分を透過します。

レイヤーを下に重ね、半透明のエアブラシではしからそうっと塗っていきます。

線はアンチエイリアスがかかって、濃い色を重ねると灰色が目立つからです。かといって灰色を消したら線ががたがたになるので。2~3時間かけて色を塗ります。たまにペンの手直しもしたり。

最後に、レイヤーを重ね、うっすらと全体に影を付けて完成。


ここまで手間を書けた作品、どうぞご覧ください!下にあります。

どうですか?



ねっ!馬鹿でしょ!!ww

添付ファイル