青の会社の謎まとめ@Wiki 七千人委員会

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七千人委員会

七千人委員会とは

GPM23?当時、旧世界の謎BBSを見ていたGPM23?参加者達のことである。
由来については、XH-834さんがまとめているので引用。
「七千人委員会」の名付け親は幾何学の人さんのようです。(旧謎板4027)
(ゲーム内の台詞に登場する1000人委員会に引っ掛けている)
で、それ以前に

「7000もの生態部品を使ったゴージャスなAI」(旧謎板3543、Miuさん)

「今回はベストゲームをメイキングするために、ハンデを用意しました。7000対1のハンデ・ゲームです。」(旧謎板3291、やがみさん)

「すごいですね。私は数を読みまちがってました。世界の謎を気にしている人は、推定5000人を越えてます。百人いないと思ったら、大間違い。ユーザーの10人に1人はやられています。」(旧謎板1673、やがみさん)

という発言が見られます。

当時(2000/12月)のGPMの出荷数がだいたい5万だったので「10人に1人はやられています」という発言になるわけです。(当時はかなり>入手困難だった)
直接のゲーム参加者(実働数)は数百人ほど(推定)ですが、ログを閲覧している人たちは7000人近くいたわけでこれが七千人委員会の由来となっています。

「七千人委員会」という名称はこのゲームでは珍しい「プレイヤーが名付けた名称」でもあります。
七千人委員会の目的は、OVERS1.00?という名の同一存在?を出現させることである。
儀式魔術GPM23により開放されたゲートから七千人委員会の情報を送信することで、同一存在を出現させた。

残り後で。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|