青の会社の謎まとめ@Wiki 無名世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無名世界観

無名世界観とは

無名世界観とは、壮大な設定であり、ゲームである。芝村裕史?氏の絡んだアルファシステム?製のゲームの設定によく使われる(例外あり)。
絢爛舞踏祭ブックレットより。
俗に、”七つの世界””セブンスパイラル”と呼ばれる一連の世界観は、正式には名前がない。
特に正式な文章に記述される際は、それは無名世界観と記述される。
なぜならそう、我々の世界は世界であって、そこに区別する名前はないためである。
無名世界観とは芝村裕史が作り出したゲーム外のゲームであり、魔術である。
世界観は一つのゲームなのである。
それが何のためのゲームなのかは、良く知られていない。
それを知ることこそがゲームなのだと称して探す人間もいる。
これらの人物を世界の謎ハンターと呼ぶ。

なぜ、七つの世界と言われるかと言えば、世界が、我々の世界を含めて一般には7つあると称されるためである。
実際には、世界は七つ以上存在する。第六世界は現在、第六世界"群"として3000以上の世界の総称となっている。
また、”セブンスパイラル”(”螺旋世界”とか色々言われたりもしていた)という呼称は現在ではあまり使われていない。
これはユーリモデル?における各世界の動きが螺旋だったため使われていた呼称だが、現在ではぜのすけモデル?の方が一般的なため、廃れていくと思われる。

現在、無名世界観を背景に作られたゲームとして、精霊機導弾?ガンパレード・マーチ式神の城シリーズ?Aの魔方陣?絢爛舞踏祭?などがある。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|