シナリオ新


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

珍しい時間に呼び出されたと思えば
いつもの店内に初めて見る顔がひとつ

【田中】
「…はぁ?」

【オーナー】
「というわけで、この子のこと頼んだわよー」

【田中】
「どういうわけかと」

【オーナー】
「だからー、今日からみんなと一緒に働くことになった初音ミクさんですーよろしくねー…って」

【ミク】
「………」

【カイト】
「なるほど、つまり新入りか」

【オーナー】
「そうそう」

【カイト】
「……大丈夫、怖くないよ? スグ気持ちよくなれるかr」

ガスっ

【カイト】
「げふぅっ!?」

【ミク】
「!?」

【オーナー】
「ごめんねー、こいつのことは気にしないでねー。…あ、あとこの子しゃべれないから」

【田中】
「しゃべれない…って?」

【オーナー】
「声が出せないの。 あ、耳は聞こえるし、筆談で意思疎通はできるみたいだから安心して」

【カイト】
「ふむ」

【ミク】
“よろしくおねがいします”

【田中】
「よろしく…って、いやそれってウェイトレスとして致命的じゃないですか?」

【オーナー】
「バカねーウェイトレスなんてできるわけなじゃない。…とりあえず皿洗いでもしてもらおっかなー」

【田中】
「この店のどこにそんな人員を雇う余裕が? ていうか、どこから連れてきたんですか?」

【オーナー】
「そんなまるで人を誘拐犯みたいに………ちょっと、そのへんで拾ってきた感じ?」

【田中】
「いや、誘拐にかぎりなく近いじゃないですか?」

【カイト】
「姉さん……なんでもかんでも拾ってきて…おなか壊すよ?」

【オーナー】
「だってさー、事情きいたらさーフビンでさー今夜泊まるとこもないって言うのよ?」

【田中】
「家出少女?」

【カイト】
「………あれ? ツッコミなし? これはもしかして放置プレイの予感?…ハァハァ」


【オーナー】
「…ま、詳しい話はどうでもいいし、仲良くしてあげてねってことでー」

【カイト】
「最後に新入りのキミに大事なことを言っておきたい」

【オーナー】
「なによ? あんまりアホなこと言ってると蹴るわよ?」

【カイト】
「ボクのことは“お兄ちゃん”と呼んでくれていい」

ガスっ

【カイト】
「ぐほぉっ!?」

【オーナー】
「えーと、自己紹介がまだだったわね。 そこで倒れてる変態がカイトで、倒れてないのが田中。 以上」

【田中】
「すいませんオーナー…俺を倒れていない変態かのように言わないでください」

【オーナー】
「まぁ、カイトより田中の方がマシだから、わかんないことがあったら田中を頼りなさい」

【田中】
「オーナー?」

こんな感じな人間関係です
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。