自転車の整備


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自転車の調整


自分でできないことは自転車屋さんにおまかせでいいと思います。
ただ何でもかんでもおまかせするのではなく、簡単なところは自分でやってみてはどうでしょうか。

ライトの電球交換とか、チェーンにオイルを吹くくらいのことならできそうじゃないですか?

手を掛けてやると、愛着も生まれます。


空気圧について


タイヤには適正な空気圧があります。

適正圧の上限近くまで入れてやると、走りが軽くなります。ただし、路面の凹凸が伝わりやすくなります。
適正圧の下限に近いと、走りの軽やかさは失われますが、凹凸は吸収しやすくなります。
適正圧の下限より低くしてしまうと、パンクしやすくなってしまいます。

パンクの原因は、釘やガラスを踏むことだけではありません。
段差等にタイヤをぶつけた時の衝撃でチューブが潰されてしまい、チューブに穴が開いてしまうのです。
(「スネークバイト」と呼ばれたりします)
空気圧が低いと、この種のパンクの危険が増えてしまうのです。


以上のことを総合して、自分の好みに合わせて空気圧を調節してみてください。


サドルの高さについて


サドルの高さの好みは個人差があると思います。

婦人用自転車や軽快車に乗っている人を観察していると、サドルに座って停車したときに、
両足がべったり地面につく高さにしている人をよく見かけます。

バーハンドルタイプの軽快車の場合、これだと運転しにくくないですか?
軽快車は、言葉の通り、軽快に走ることに主眼が置かれた自転車で、
だらしなく走るのにはあまりむきません。
サドルをもう少し高くして、両足で爪先立ちできるくらいにしてみてください。
そうすると、おそらくペダルがこぎやすくなると思います。
両足がべったりつかなくてもつま先立ちできれば、信号待ちの時も問題ありません。

「両足べったり」に慣れると、「つま先立ち」が不安かもしれませんが、
通行するのに影響するのは信号待ちや停車の時だけ。慣れてさえしまえば全く問題ありません。


一方、婦人用自転車の場合は、低速で短距離を移動するのに使われるものです。
速度を出すことや運動することではなくて、短距離を楽ちんに走ることに主眼が置かれた自転車なので、
おそらく両足がべったり地面に付く高さが適正なのだと思います。


安全と快適さをはかりに掛けて、好みの高さに調節してみてください。