一工夫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一工夫


走る道を選ぶなどの工夫をすると、よりいっそう快適に安全に通行できます。

その1


駐車車両が多く交通量が少ない多車線の道路はありませんか?
そのような道の第一通行帯は、自動車はあまり走りたがりません。

自転車にとっては好都合。
邪魔な駐車車両のおかげで、通行帯の真ん中を通っても誰の邪魔にもならなくてすみます。

クルマの影からの人の飛び出しや、ドアが急に開いたりしないかに注意し、
充分距離を置いて通行してください。

その2


出かける前に、予め地図などを見て、走る道順を考えてみましょう。
どいういった道順をたどれば、自転車で走りやすいのか。

できるだけ歩道走行をしないですむような道順、逆走をしないですむような道順があると思います。
ほんの少し遠回りしたとしても、かえって快適に走行することができるかもしれませんよ。