歴史―古代


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 江上波夫(1967)『騎馬民族国家―日本古代史へのアプローチ』
スキタイから鮮卑までの騎馬民族国家を扱った第1部と騎馬民族による日本征服説を扱った第2部からなる。騎馬民族征服王朝説は未だに仮説の域を出ないが、有名なこの説を一度は読んでおきたいところ。

  • 加藤謙一(1998)『匈奴「帝国」』第一書房

  • 沢田勲(1996)『匈奴―古代遊牧国家の興亡』東方書店

  • 杉山正明(2003)『遊牧民から見た世界史―民族も国境もこえて (日経ビジネス人文庫)』日本経済新聞社

  • 林俊雄(2007)『スキタイと匈奴 遊牧の文明』講談社