管理者プロフィール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

管理者プロフィール


某大学のヘボ院生だったが最近ようやく職に就く。血液型はA型。
モンゴルを「愛している」のかはなはだ怪しい(まあ「愛は盲目」と言いますし)けどモンゴル音楽に関してダラダラ研究まがいのことを続けています。
一応、日本最初のエヴェル・ブレー(モンゴルの角笛)奏者でもあります。
頭の弱い子なのでどこまでできるか分かりませんが、生暖かく見守ってやってください。

管理者の書いたもの

  • 青木隆紘(2008)「《モンゴル音楽》の20世紀小史―モンゴル国音楽文化研究に向けて」(『日本とモンゴル 116』、日本モンゴル協会、pp.77-99)
  • 青木隆紘(2008)「面白管楽器発見!エヴェル・ブレー」(『PIPERS 11月号(327)』杉原書店、pp.18-21)
  • 青木隆紘(2008)「モンゴルの中心で角笛を吹く」(『日本とモンゴル 117』、日本モンゴル協会、pp.41-53)
  • Такахиро, Аоки. ”Япон дахь монгол дуу хөгжмийн судлалын товч тойм”. Аман зохиол судлал БотьⅩⅩⅨ. Улаанбаатар:Шинжлэх Ухааны Академи.,х.99-110, 2008.[青木隆紘(2008)「日本におけるモンゴル音楽研究の研究」(『口承文芸研究 ⅩⅩⅨ』、モンゴル国科学アカデミー、pp.99-110)]注:この論文はモンゴル語(キリル文字)です。
  • 青木隆紘(2008)「モンゴル音楽用語小辞典」(『モンゴル研究 25』、モンゴル研究会、pp.54-74)
  • 青木隆紘(2009)「オペラ座の牧民―ウランバートル演奏会鑑賞記その1」(『日本とモンゴル (43,2)118』、日本モンゴル協会、pp.95-111)
  • 青木隆紘(2009)「眠れる草原の美女―ウランバートル演奏会鑑賞記その2」(『日本とモンゴル 119』、日本モンゴル協会、pp.73-88)
  • 青木隆紘(2010)「モンゴル音楽教育事情(1)―歴史と伝統」(『隔月誌オルティンドー創刊第1号』、等豆社、pp.67-74)
  • 青木隆紘(2010)「モンゴル音楽教育事情(2)―クラブとアマチュア芸能」(『隔月誌オルティンドー第2号』、等豆社、pp.118-125)
  • 青木隆紘(2010)「モンゴル音楽教育事情(3)―音楽学校」(『隔月誌オルティンドー第3号』、等豆社、pp.110-116)
  • 青木隆紘(2010)「モンゴル音楽教育事情(4)―留学・音楽家の完成」(『隔月誌オルティンドー第4号』、等豆社、pp.117-123)
  • 青木隆紘(2011)「モンゴル音楽教育事情(5)―伝統継承の難しさその1」(『隔月誌オルティンドー第5号』、等豆社、pp.132-138)
  • 青木隆紘(2012)「馬頭琴とは何か(特集:遊牧民の音楽)」(『もこもこ通信vol.3』、東京外国語大学モンゴル研究サークル「モコモコモンゴル」、pp.8-9)
  • 青木隆紘(2012)「モンゴル音楽教育事情(6)―伝統継承の難しさその2」(『隔月誌オルティンドー第6号』、等豆社、pp.97-107)


管理者の行った口頭発表

  • 青木隆紘「20世紀モンゴルにおける音楽の政治的利用への一考察」(『2007年 春期日本モンゴル文学会研究発表会』東京外国語大学本郷サテライト2007年5月20日)日本語
  • 青木隆紘「日本におけるモンゴル音楽研究の概略」(『2008年若手モンゴル学者夏期講習会』@ウランバートル、国立教育大学2008年7月)モンゴル語
  • 青木隆紘「モンゴルと日本の関係―音楽文化行政の面から」(『韓・蒙・中・露・日 第32次国際学術学会 North-East Asia - The point at issue』@ウランバートル、チンギスハーンホテル2008年7月)日本語
  • 青木隆紘「モンゴル角笛「エヴェル・ブレー」から見るモンゴル音楽」(『2008年度秋季日本モンゴル文学会研究発表会』2008年11月29日)日本語
  • 青木隆紘「モンゴル国の民族楽器オーケストラの今日」("The 25th International Conference on Mongolian Studies"February 18~22, 2009 Sangji University, Korea)モンゴル語、原稿は紀要に掲載されるも諸事情で不参加
  • 青木隆紘「作曲家による自文化の音楽原理の発見―モンゴルの事例から」(『2009年度春季日本モンゴル文学会研究発表会』東京外国語大学 本郷サテライト2009年6月27日)日本語
  • 青木隆紘「モンゴル音楽研究事始―『追分節≒オルティン・ドー』言説の起源」(『2009年度秋季日本モンゴル文学会研究発表会』大阪大学外国語学部 学術交流室 2009年11月29日)日本語
  • 青木隆紘「民族の響きを創る」(『第2回滋賀県立大学モンゴル・チベット研究会』滋賀県立大学人間文化学部、2011年1月8日)日本語

管理人の本棚



このホームページ内のモンゴル関係のデータはここには書ききれないほど多くの方々に頂いたものです。特にモンゴル国の音楽家、研究者の皆様には何度お礼を申し上げても足りないくらいです。ありがとうございます!!