G.アルタンホヤグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ガーダンギーン・アルタンホヤグ(1948- )
Гаадангийн Алтанхуяг
Gaadan Altanhuyag

経歴

作曲家。ウランバートル市生まれ。1962年~1966年音楽舞踊中学校で音楽を、1972年~1977年ブルガリアのソフィア音楽院で作曲をそれぞれ学ぶ。1966年~1969年まで音楽舞踊中学校と師範学校で教鞭をとる。1976年より国立師範大学で教師、1982年よりモンゴル国立テレビで音楽編集者を務める。2004年~2007年、モンゴル作曲家同盟代表。1993年功労芸術家の称号を受ける。

作品

交響詩《1921年》(1982)、弦楽オーケストラのための変奏曲(1976)、民俗楽器オーケストラのための組曲(1986)、ヴァイオリン協奏曲(1978)、子供のためのピアノ協奏曲(1979)、弦楽四重奏曲第1番(1978)、第2番(2006)、オーケストラと合唱のための交声詩《夕空の星に》(1976)、歌曲集《遠方から歌いし声》(1984)など。