終了済みイベント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本シルクロード文化センター主催
シルクロード講座とシルクロードサロンのお誘い
第7回:12月12日(土)13:00~16:00  狛江「みんなの広場」
1. 新シルクロード講座(13:00~15:00)

「モンゴルが人類史に与えた歴史的役割」
   講師:野口信彦(日本シルクロード文化センター代表)

「民族の響きを創り出す」
    講師:青木隆紘さん(東京外語大博士課程在学中、モンゴル国の音楽と政治の関係を中心に研究)
    伝統的なモンゴル音楽が、社会主義時代を経てどのように変容してきたかを話していただきます。

   参加費(資料代):1,000円
2.シルクロード・サロン(15:00~16:00)

「シルクロードサロン」は、気軽に楽しく、シルクロードの文化や暮らしに触れる集いです。

「モンゴル舞踊」
   踊りと解説:佐藤淳子さん(2007年のモンゴル祭り『ハワリンバヤル』でモンゴル舞踊と出会い、モンゴル舞踊家のマンダブインに師事、2008年、2009年ハワリンバヤル、モンゴル民族文化基金チャリティーコンサートの他、出演多数。)

   参加費:500円
場所=「みんなの広場」(小田急線和泉多摩川駅から歩いて5分)
狛江市東和泉2-20-12 えのき2番館103
Tel:03-3488-3981
地図はこちら
http://silkroad-j.lomo.jp/kouza/hiroba.jpg

<問合せ・申込み> Tel & Fax: 03-3480-4478(野口)
E-mail:silkroad-j@mtj.biglobe.ne.jp


太陽のコンサート2009
NGOゆいまーるハミングバーズ主催
日時:2009年12月1日(火)
開場:18:00 開演:19:00 終演:21:00
場所:文京シビック大ホール
http://www.b-academy.jp/b-civichall/access/access.html
後援:外務省

太陽のコンサート2009とは
モンゴル国ダルハン市にある孤児院「太陽の子ども達」で暮らす子ども達による来日コンサートです。今年も10名の子ども達が再来日!日本で延べ1万人を動員してきたモンゴルのエンターテイナー達に是非会いにきてください!子ども達がプロ顔負けの技術で、モンゴルの伝統舞踊、馬頭琴、琴、長唄、軟体芸などを披露します。

子ども達が日々の生活で培ってきたものを公演の場を設け発表することで、自信と新たな希望を持てる機会を与えます。それにより、子ども達の精神的自立を目指すとともに、コンサートを通してモンゴルの現状、孤児となった子ども達についてより多くの方々に知って頂くことで、NGOゆいまーるハミングバーズの活動への理解および支援を広げます。
http://yuimar-concert.org/



「ベルリンの日本人-1930年代、貴志康一とその周辺」
日時・場所 :
○生誕100周年コンサート
日時:2009年11月6日(金)18:00~21:00
(18時からプレトーク、コンサート開演は19時)
場所:東京大学教養学部駒場キャンパス
駒場コミュニケーション・プラザ 北館2階 音楽実習室

○シンポジウム
日時:2009年11月7日(土)10:00~18:00
場所:東京大学教養学部駒場キャンパス
18号館ホール

プログラム :

○生誕100周年コンサート(11/6)
貴志康一の歌曲とヴァイオリン作品に加えて、貴志と交流のあった音楽家たちの作品も取り上げる。貴志同様にベルリンに留学した作曲家・指揮者の山田耕筰、ベルリン時代に交流のあったP. ヒンデミット、貴志の作曲の師で今回が日本初演となるE. モリッツらの作品を演奏する。
出演:
 蔵野蘭子(ソプラノ、二期会)
 梶野絵奈(ヴァイオリン、東京大学比較文学比較文化博士課程)
 子安ゆかり(ピアノ、東京大学表象文化論博士課程)

○シンポジウム(11/7)
学生発表
発表者:
 伊藤由紀(東京大学比較文学比較文化博士課程)
 岡野宏(東京大学比較文学比較文化修士課程)
 白井史人(東京大学表象文化論博士課程)
 堀内彩虹(東京大学表象文化論修士課程)
 山上揚平(東京大学表象文化論博士課程単位取得満期退学)

○映画上映
『春』(1933年、貴志学術映画研究所製作、貴志康一監督)
13分、白黒、トーキー(モノラル)、使用言語=ドイツ語、字幕=日本語
『鏡』(1933年、ウーファ製作、貴志康一監督)
16分、白黒、トーキー(モノラル)、使用言語=ドイツ語、字幕=日本語

○パネルディスカッション
パネリスト:
 片山杜秀(慶應義塾大学)
 竹峰義和 (日本大学)
 中村仁(東京大学表象文化論博士課程)  ほか
司会:
 長木誠司(東京大学)




「2009 モンゴル音楽祭 IN 両国」
日本モンゴル文化交流取極め35周年記念

日時:2009年 11月5日(木) 18時会場 18時半開演

場所:両国江戸博物館ホール(JR両国駅徒歩3分)
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/raikan/museum.html
料金:指定席4000円 自由席3000円

◎出演:バトエルデネ(馬頭琴)、オユンガ(馬頭琴)、ムングン(馬頭琴)、ボロルマー(大型馬頭琴)、バトオチル(ホーミー&馬頭琴)、ボルドー(ホーミー)、オトゴンチメグ(三線)、ミャグマルスレン(箏)、ボロルマー(楊琴)、ハンダー(歌)
◎ゲスト:叶高(サーカス)、沢木順




「三枝彩子 モンゴル民謡コンサート2009」
日時:2009年 7月24日(金) 18時開場 18時20分開演

場所:東京外国語大学 大学会館大集会室

出演:
三枝彩子(モンゴル民謡)
向島ゆり子(ヴァイオリン)
サエグサタカシ(タブラ)

本学関係者入場無料(学外者500円)


「空 風 響き」
モンゴル民族音楽演奏会

出演:
三枝彩子(オルティン・ドー)
横田和子(馬頭琴)

日時:
7月5日(木)18:30から
場所:
東京外国語大学食堂2Fとなり大集会室
入場無料(カンパ歓迎)




元駐モンゴル大使 花田公麿さんの講演
日時:
7月10日(火)18:30から
場所:
東京外国語大学研究講義棟110教室



第9回 国際日本学シンポジウム「日本学研究の対話と深化Ⅱ」

日時: 2007年7月7日(土)
茶話会 13:15~17:30
17:30~18:30
場所: 理学部3号館701号室
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車徒歩5分 正門(東門)からお入りください。  アクセス
主催: お茶の水女子大学比較日本学研究センター
共催: 女性リーダー育成プログラム
参加費: 資料代 500円
使用言語: 日本語
7月7日(土) 理学部3号館701号室
13:15~13:30 開会式
13:30~17:30 セッションⅠ
テーマ:<日本>表象の交差 ―ジャポニスムの文学と音楽―
文学と音楽におけるジャポニスムについて、日・仏双方の芸術家が
どのような活動をしたのかそれぞれ考える。
司会 浅田 徹 (お茶の水女子大学准教授)
研究発表 吉川 順子 (京都大学大学院生)
「和歌(やまとうた)とのたわむれ
―『蜻蛉集』における翻訳手法とジュディット・ゴーチェの詩作―」
研究発表 浅田 徹 (お茶の水女子大学准教授)
「『蜻蛉集』のための西園寺公望の下訳について」
研究発表 根来 章子 (お茶の水女子大学大学院生)
「近代フランス音楽における日本の表象
―ジョルジュ・ミゴ《Hagoromo》を例として―」
研究発表 片山 杜秀 (音楽評論家)#
「作曲家大澤壽人のパリ時代
―モダニズムと日本趣味のはざまで―」



平尾貴四男生誕百年記念演奏会

■ 日時 : 7月22日(日) 14:00開演
■ 会場 : 東京文化会館 小ホール
■ チケット : 全席自由:\5,000
■ プログラム
 平尾貴四男:
1. ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(1947)
2. 子守唄 (1945)
3. オーボエ・ソナタ(1951)
4. フルートとピアノのためのソナチネ (1941)
5. フルート三重奏曲 (1949)
6. 木管五重奏曲(1950)  
■ 出演 千々岩 英一 (ヴァイオリン/1,2)、平尾 はるな (ピアノ/1~5)、辻功 (オーボエ/3,6)、 野口 龍 (フルート/4)
      倉田 優 (フルート/6)、

■ 主催 平尾貴四男記念生涯教育センター
■ 問い合せ  (株)インターミューズ・トーキョウ TEL: 03-3475-6870
営業時間: 10:00~18:00