宗教


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 阿拉坦宝力格ほか著;芝山豊編(2008)『南北モンゴルカトリック教会の研究』清泉女学院教育文化研究所

  • 石濱裕美子(2001)『チベット仏教世界の歴史的研究』、東方書店
  • 板橋区立美術館編(1998)『モンゴルの仏教美術 展覧会カタログ』、産経新聞社

  • 煎本孝(2002)『東北アジア諸民族の文化動態』、北海道大学図書刊行会
第11章  モンゴル・シャマニズムの文化人類学的分析 (煎本 孝)
第12章  内モンゴルにおけるチャハル人の生計活動の変化 (Alta)所収

  • 小野田俊蔵, 岡本康兒編 ; 岡本康兒, 田上操, 赤澤ジャコバ訳(2006)『アジアにおける仏教美術の諸様式 : チベット・モンゴル・ブータン』、 佛教大学アジア宗教文化情報研究所

  • 外務省情報部編(1936)『蒙古ラマ教の話』、外務省情報部

  • 木村理子(2007)『モンゴルの仮面舞儀礼チャム : 伝統文化の継承と創造の現場から』、風響社

  • 窪徳忠(1992)『モンゴル朝の道教と仏教 : 二教の論争を中心に 』、平河出版社

  • G・ザナバザル [作] (1994)『モンゴルの仏教美術』、恒文社

  • 嘉木揚凱朝(2004)『モンゴル仏教の研究』、法藏館

  • 芝山豊(2005年)『聖書とモンゴル : モンゴル語訳聖書の過去と現在』(文化共生研究会)

  • 島村一平(2012)『増殖するシャーマン―モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ』、春風社

  • 菅沼晃(2004)『モンゴル仏教紀行』、春秋社

  • 大正大学綜合仏教研究所モンゴル仏典研究会訳注(2002)『「モンゴル佛教史」研究 1,2』、ノンブル

  • 滝澤克彦編(2011)『ノマド化する宗教、浮遊する共同性―現代東北アジアにおける「救い」の位相』、東北大学東北アジア研究センター

  • 棚瀬慈郎(2009)『ダライラマの外交官ドルジーエフ チベット仏教世界の20世紀』、岩波書店

  • N. ツルテム監修(1987)『モンゴルの曼荼羅』、新人物往来社

  • 長尾雅人(1947)『蒙古喇嘛廟記』、高桐書院(1987年中公文庫で再版)
  • 長尾雅人(1947)『蒙古學問寺』、全國書房(1992年中公文庫で再版)

  • ジクメ・ナムカ著/外務省調査部譯(1940/1941)『蒙古喇嘛教史』、生活社

  • 橋本光寶編(1940年)『西藏文 蒙古喇嘛教史』(蒙藏典籍刊行會)
  • 橋本光寶(1942)『蒙古の喇嘛教』、佛教公論社

  • イ・ポポフ著/石川喜三郎譯(1917)『西藏蒙古秘密喇嘛教大觀』、森江書店

  • Bawden, Charles R., "Confronting the Supernatural: Mongolian Traditional Ways and Means, Wiesbaden: Harrassowitz, 1994
自然崇拝やシャーマニズム、オボー崇拝に関する話を古文書などからときおこしています。