N.ノロブバンザド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナムジリーン・ノロヴバンザド(1931-2002)

Намжилын Норовбанзад
Namjiliin Norovbanzad
モンゴルの女性歌手。モンゴル民謡オルティンドー歌手。 

略歴

モンゴル人民共和国ドンドゴビ県で遊牧民の子として生まれる。1957年モスクワで開かれた世界青少年音楽祭で金メダルを獲得。モンゴル国立人民歌舞団などで活躍した。1978年には国際交流基金主催の「アジア伝統芸能の交流」のために初来日。1993年には福岡アジア文化賞を受賞した。オルティンドー歌手として天性の素質と洗練された芸術的な表現力は、モンゴル国内でも100年に一人の歌手として評される。世界でも評価は高く、日本の音楽家にも彼女のファンは多いと言われる。1969年にモンゴル人民共和国人民芸術家の称号を授与され、1984年に国家賞受賞、1996年に労働英雄、1999年にはモンゴル国家最高功労賞受賞。日本では栗山和樹がNHK大河ドラマ『北条時宗』のオープニングテーマ曲の歌唱部分で起用したことによって、彼女の名が日本のワールドミュージック界隈以外でも有名になった。