小林高四郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小林高四郎 こばやし-たかしろう

1905-1987 昭和時代の東洋史学者。
明治38年5月7日生まれ。昭和8年北京に留学。モンゴル語をまなぶ。慶大教授をへて,トルコ大使館書記官などをつとめる。24-46年横浜国大教授。専攻はモンゴル史,元朝史。昭和62年1月2日死去。81歳。新潟県出身。慶大卒。

著作

  • 外務省調査部第三課/小林 高四郎(1939)『アルタン・トプチ : 蒙古年代記』、外務省調査部第三課
  • ウラヂミルツォフ著/小林高四郎譯(1936)『チンギス・ハン伝』、日本公論社