菅原明朗


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

菅原明朗 Meiro Sugawara (1897-1988)


<参考文献>
  • 秋山邦晴著/林淑姫編『昭和の作曲家たち―太平洋戦争と音楽』(みすず書房、2003年)
  • Ontomo mook(「音楽芸術」別冊)『日本の作曲20世紀』(音楽之友社、1999年)
  • 小林紫里「菅原明朗「作品目録・年譜・著作目録」と問題点」『Αγορα : 国立音楽大学附属図書館年報 1997』p,34-35,19970000(国立音楽大学)
  • 塩谷明; 相吉英一「菅原明朗論」『群馬大学教育実践研究 7』p,73-87,19900000(ISSN 09123911) (群馬大学)
  • 菅原明朗「戦争の中の作曲家--荷風との交友」『芸術新潮 14(8)』,????,1963/08(ISSN 04351657) (新潮社)
  • 菅原明朗「コンチェルト・グロッソ--初演に至るまでの回想」『音楽芸術 11(3)』,pp.85-86,1953/03(ISSN 00302600) (音楽之友社 〔編〕/音楽之友社)
  • 菅原明朗著;松下鈞編『マエストロの肖像 : 菅原明朗評論集』国立音楽大学附属図書館, 大空社、1998年
  • 富樫康『日本の作曲家』(音楽之友社、1956年)