フランツ・フォン・エッケルト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フランツ・エッケルト(Franz Eckert、1852-1916)


参考文献

  • 内藤孝敏(1999)『三つの君が代 : 日本人の音と心の深層』、中央公論新社
大月玄之(1989)「お雇い外国人 フランツ・エッケルト : 音楽教育への貢献」(『三重大学教育学部研究紀要. 教育科学 40』、三重大学教育学部、pp.197-207)
  • 近衞秀健(2002)「GRADUS A PARNASSUM--Japanisches Musikstudium in 19jh. 明治奏楽始 伶人とその師匠フェントン、メーソン、エッケルトたち」(『独協大学ドイツ学研究 (48)』、獨協大学外国語学部ドイツ語学科、pp.105-143)
  • 近衞秀健(2003)「GRADUS A PARNASSUM(2)--Japanisches Musikstudium in 19jh. 明治奏楽始(2) 伶人とその師匠フェントン、メーソン、エッケルトたち」(『独協大学ドイツ学研究 (49)』、獨協大学外国語学部ドイツ語学科、pp.41-74)
  • 中村理平(1993)『洋楽導入者の軌跡 : 日本近代洋楽史序説』、刀水書房


CD

  • 『明治の唱歌とエッケルトの仕事』 藍川由美歌, 野坂惠子箏, 小宮瑞代箏, カメラータ、2006年