※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡単な説明

動画や音声の圧縮(エンコード)において、圧縮率に濃淡をつけること。VBR、ABRとも。対義語:固定ビットレート(CBR)
よい点:
ムダなところで容量を使わずにすむため、小さい容量で高品質を実現できる(といっても限度はあるが)。
よくない点:
CPUの負担が大きくなる。動画の場合、コマ落ち(俗に紙芝居とよばれる)が起こったりする。

Constant Quantizer(Qualityとも)=可変bitrate(VBR)

 画質固定:素材の画質を一律に劣化させる。bitrate/秒は上限無しの可変。圧縮率は
 素材次第。実は1passのbitrate100000(=事実上の無限大),Qmin=4や3と同じ。
 (Q=4で100000以下になったらQ=5は試さずに次のコマにとりかかる。)
 q=4で元の90%,q=3で95%程度と言うが%は解りやすくする為の方便ぽい。Q=2で 
 も劣化はある上、だいたい素材より巨大化する。

携帯動画上級講座1(他板からコピペ)

(2)品質指定(Qベース)エンコード
画質を数値で指定して、それにあわせてエンコードする方法。
画面の内容にあわせてビットレートが大きく変化するので、出来上がるファイルの大きさが予測できない。
動きの大きいところではそれにあわせてデータ量が増えるので、全体を通して画質は維持される。
動きの少ないところではデータ量が減るのでファイルサイズが小さくなることもある。
最大ビットレートに余裕のある端末(P900iVなど)に向いている。



名前:
コメント: