※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

quantizer(量子化/量子化器)

動画エンコード第一の関門。
「画質劣化度」くらいに思っても良いと思う。
quantizer=低い程高画質、高い程低画質、程度で。

辞書的には
quantize=量子化
quantizer=量子化器
だが、かえって理解しにくい。 quant jock=コンピュータ野郎という言葉もある。

と、いうわけで大抵のGUIでは隠されているか、
「元の画質の90%」
みたいな表現になっている。
QuickTime ProのDivXや3ivxのデフォルトはquantizer=4。
これは横に90%の画質と出ている。3なら95%だ。

では2なら100%=ロスレスなのかというと、そんな事はない。変換する以上、劣化は必ずあるし、1では破綻するようだ。

各コデックの実用範囲

xvid:2〜31
x264:10〜51
なお、x264のquantizerは全くの別物。
  • 目盛りが対数。目盛り一個分の違いが少ないらしい。 対数はよくわからない。 xvidのquantizerでは2の次は3しかなかったものが、2.1とか2.8とかできるようになったと思えば良いであろう。
  • 0でロスレスが可能な模様。

参考:既存コーデックH.264/AVCとのQ値換算表
http://pc9.2ch.net/test/read.cgi/mac/1170170369/283 さん作成のをjpeg変換






名前:
コメント:


名前:
コメント: